Mac版Reederで、ジェスチャー機能を有効にする方法

スポンサーリンク

ついにMac版Reederの正式版がリリースされました。最終ベータ版で、ジェッスチャー機能が有効になりましたが、Swipe(スワイプ)をしてページをTwitterやFacebookに投稿する機能がうまく働かず、悪戦苦闘していました。しかし、正式版がリリースを購入してから、色々設定を弄っていたら、なんとかジェッスチャーで、各種ショートカットを実行することができるようになりました。

Reeder2 6

トラックパッドの設定に注意

Mac版Reederでトラックパッドを完全に機能させるには、トラックパッド自体の設定をしっかりしておかないとうまく機能しません。

1、システム環境設定からトラックパッドの設定をタッチする
Reeder2 1

2、3本指のドラッグのチェックマークを外す
Reeder2 2

3、ページ間をスワイプを2本指または3本指でスワイプにチェックマークを入れる
Reeder2 3
※もしくは3本指でスワイプにチェックマークを入れてもオッケーです。

4、ミッションコントロールを4本指でスワイプにチェックマークを入れる
Reeder2 4

5、アプリケーションExposeを4本指にする
Reeder2 5

要するにReederで左右や上下へのスワイプは、3本指でジェスチャーをして実行させるため、3本指のジェスチャーを空けておく必要があるということです。Mavericksでは(Lion以降のOS)3本指でドラッグという機能があります。3本指でウインドウをドラッグすることができるため、とても重宝しておりましたが、Reeder2を完全に使いこなそうとすると、この3本指でウインドウがドラッグできる機能を失うことになります。通常通り1本指でドラッグすればいいので、3本指でドラッグの機能をオフにしても、ウインドウがドラッグ出来なくなるわけではありません。Macらしい便利なジェスチャー機能でしたが、Reeder2でサクサクとRSSフィードを読んでいくには、この機能を諦めるしかありません。慣れの問題だと思いますので、しばらくはOSでの操作が若干使いにくくなるかもしれませんが、RSSフィードをサクサク読めるようになるのをプラスと捉えて、3本指でドラッグの機能を諦めたいと思います。

Mac版Reeder2は1,000円の価値あり

ついに正式版がリリースされたReeder2のMac版。¥1,000という価格に、購入を躊躇ってしまうかもしれませんが、¥1,000の価値があるアプリです。世界で一番サクサクとRSSフィードを読むことができるMac版のReeder2。iPhoneやiPadでRSSフィードを読んでいる方も、Mac版のReeder2での操作をマスターすれば、Mac版のReeder2のほうが快適だというのが分かると思います。マシンパワーもあるMacで、サクサクとRSSフィードを読みましょう。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly