4Kの前に2Kを買おう。フルハイビジョン液晶が安い。

スポンサーリンク

最近4K4Kとテレビやパソコン、さらにはスマートフォンまで言われています。ユーザーは必要としていないのに、言葉だけが先行しているような面が強いように思います。映像系が盛り上がるのは、サッカーのワールドカップがあるときや、オリンピックがあるときですので、ワールドカップイヤーの今年は、4Kと盛り上がるには最適なときです。

「4K」試験放送が始まる! でも しばらくは家庭で視聴できない!? 日経トレンディネット
テレビも4K放送が始まる

テレビがこれ以上高精細になるのを、必要としている人は少ないように思います。反対にパソコンの世界は、高精細になるのを常に求められています。画面が細かくなればなるほど、表示できる点(ドット)が増える訳ですから、写真の編集などをする方にとっては、大変意味があることな訳です。

そんなこともあり、4K液晶ディスプレイというものが注目され始めていますが、まだまだ値段も高価ですし、本体の性能のほうが追いついてない面もあります。4K液晶と、それをまもともに扱えるパソコンを購入しようとすると、20万オーバーの世界になってきますから、まだまだ一般の方にはとても薦められるような状況ではありません。

実売7万円台の4K液晶モニタがフィリップスから! 28インチモデル「288P6LJEB/11」が5月30日に発売 – アキバ総研
8万を切るモデルが増えてきた。

値段が急速に下がってきたとはいえ、まだまだ8万ほどします。さすがに液晶モニターだけに、8万も出せる人はあまりいないでしょう。

【イベントレポート】Intel、Samsungと協業し399ドルの4K液晶を実現へ – PC Watch
4万を切る4K液晶が登場するのか。

そんな中、インテルとサムスンが協力して、4Kディスプレイを普及させるために、低価格化を推し進めるようです。ただ安い4K液晶を発売するのではなく、PLS方式という、液晶の方式の中では高性能で、価格も高い方式を使おうとしているのが注目するべきポイントだと思います。もしこれが本当に実現したら、いっきに4Kディスプレイが普及するように思いますが、そうなるにはまだまだ時間がかかると思います。次世代の規格に舵を切り出すと、その前の規格の商品価格がグッと下がってきます。2K(1920×1080)クラスのフルHD液晶ディスプレイの価格がビックリするぐらい安くなっています。2万も出せば、かなり良いフルHD(1920×1080)液晶ディスプレイを購入することができます。あまりデスクトップパソコンを使っている人もいないとは思いますが、もし使っている人がいるのなら、液晶ディスプレイを変えてみるだけで、グッと作業効率が上がります。ノートパソコンを使っている人は、ノートパソコンと液晶ディスプレイを繋ぐことで、より広い液晶ディスプレイで作業をしたり、ノートパソコンと液晶ディスプレイの2つの画面で作業をすることができるようになります。

画面が大きくなったり、画面が2つになるのは、体験してみると、とても便利だと分かります。フルHD液晶ディスプレイの価格が下がった今、1台購入してみると、大変重宝するかと思います。

価格.com – 液晶モニタ・液晶ディスプレイ | 通販・価格比較・製品情報
じっくりとお選びください。
リンクに表示されるテキスト

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly