音声定額より3日で1GB規制を改善してほしい(3日で2GBにはできる模様)

スポンサーリンク

ドコモが仕掛けた通話定額戦争。あくまで通話にこだわるところに、電話屋のドコモらしい意地を感じます。ドコモが仕掛けた通話定額戦争は、結局ソフトバンクとauも横一線に並ぶことで落ち着きそうです。

ソフトバンク、新料金プラン「スマ放題」を7月1日から提供 -データ繰越しも | マイナビニュース
7月1日より開始。

通話定額の料金を、各社横一線で¥2,700にされてしまうと、通話をほとんどしないユーザにとっては値上げになります。通話定額になることで値上がった分を、パケット料金で下げてくれれば問題ありませんが、実際にはパケットを分けあえる仕組みを作ることで、パケット料金の改悪をごまかしています。auのパケット代の詳細が発表されていませんが、おそらくドコモとソフトバンクと同じ料金になると思われます。

値上げしてもいいから3日で1GB規制の撤廃を

値上がりするのは100歩譲るとしましょう。ならばそれと引き換えに、今一番ユーザーを悩ましている、「3日で1GBのデータ通信をしたら速度低下」という、とてもやっかいな制限こそ、まず手をつけてほしいところです。

ソフトバンクは、使い切らなかったデータ量を翌月に持ち越せるという、新しいデータ通信料金制度を発表しましたが、「3日で1GBのデータ通信をしたら速度低下」という規制がある限り、速度制限がかからないデータ量を翌月に持ち越したところで絵に描いた餅です。微妙に値上げをしてくるのなら、それと引き換えにユーザーが1番不便だと思うことを改善してほしいものです。

ドコモもソフトバンクもauも、自社で動画配信サービスをしています。動画配信サービスを使ったら、簡単に3日で1GBぐらいは使ってしまいます。せめて自社の動画配信サービスを使うときは、速度制限規制から外すぐらいのことはしてくれないと、キャッシュバックのために入るだけのサービスからは、いつまでも抜け出せないような気がします。

通話が定額になるのも良いとは思いますが、時代の流れに沿った改革を臨みたいものです。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly