スマートフォンが次に改善するべきこと「文字入力の改善」

スポンサーリンク

またまたひとつスマートフォンが増えました。たくさんのスマートフォンを使っていて感じるのは、文字入力の不快感です。あれやこれや設定を変更しても、どうにもしっくりこないのです。進化も行き尽くした感のあるスマートフォンですが、これから改善するべきことは、文字入力でしょう。

iPhoneとは違って、Androidスマートフォンは、文字入力システム(IME)を変更することができます。iOS7までのiPhoneは文字入力システムを変更できませんので(iOS8からは変更できるようになる予定)、この点がiPhoneに対する大きなアドバンテージになっています。

変更できるとは言っても、ほとんどの方はGoogle日本語入力かATOKを使うでしょう。どちらも使っていますが、どちらもどうにもしっくりきません。慣れの問題かと思い、かなりの時間Androidで文字を打っていますが使っていますが、未だにしっくりきません。しっくりこないなぁと思ってiPhoneで文字を打ってみると、しっくりきます。文字を打つということに関しては、iPhoneのほうが不快感が少ないのは間違いないでしょう。ただし問題がひとつあります。それは、変換能力がイマイチということ。文字はスムーズに入力できるのですが、打った文字の変換効率が悪いため、文字をたくさん打っていると、徐々にストレスが溜まってきます。変換効率さえ良くなってくれれば、間違いなく最強の文字入力端末になるはずです。

iOS8では文字入力システムを変更できるようになる

Apple、iPhone/iPad向け最新OS「iOS 8」を今秋リリース – ケータイ Watch
最強の文字入力端末になるか。

すでにニュースサイトでも報道されているので知っている方も多いとは思いますが、iOS8からは、文字入力システムを変えることができるようになります。ATOKやGoogle日本語入力が登場するのは間違いないでしょう。そうなると、iPhoneでもかなり賢く文章を打てるようになります。現状ではiPad、iPhoneにBluetoothキーボードを接続して文字を打っても、正直しっくりきません。漢字の変換能力もイマイチですし、文字を変換した後の予測変換も微妙すぎて、ストレスが溜まるだけです。

iOS8になって、どこまで文字入力システムを弄ることが出来るのかが不明ですが、少なくとも今よりはマシにはなるでしょう。ソフトウエアキーボードの表示なども変更してより自由度の高い文字入力環境になるのか、それとも、ソフトウエアキーボードの見た目は今と変わらず、内部的な変換システムだけ変更することになるのか。Appleの方向性的には、後者のような気がします。下手にソフトウエアキーボードの表示まで変えてしまうと、快適なiOSのシステムを崩してしまうことにもなるため、あまり大幅には変えることができないようにすると予想します。

文字入力システムを変更しなくても、iOS8は変換効率が良くなっているという話ですし、今からiPhone6の登場だけではなく、iOS8の登場が楽しみです。

文字入力システムの優劣表
OS 入力のスムーズさ 文字の変換効率
iOS 一番スムーズ 一番悪い
Android しっくりこない パソコンまではいかないが賢い
Mac、Windows 非常にスムーズ 一番賢い

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly