iPhone5cの広告に変化が。ついにiPhone5cの祭りが始まるのか?

スポンサーリンク

最近街を歩いていると気になる広告があります。それはiPhone5cです。いつも通りのAppleの広告ですが、よく見ると今までとは違う点があるのに気づきます。それはiPhone5cというブランド名の横に、携帯電話キャリアのロゴが入っているのです。

image

今までのAppleの広告に、携帯電話キャリアのロゴが入ることはありませんでした。なぜ今頃、携帯電話キャリアのロゴが入るようになったのでしょうか。Appleの広告に、他社のロゴが入ることはまずありません。ドコモがiPhoneを扱うようになったとき、「お待たせしました!ついにあの機種が」という広告をドコモが出しましたが、その広告に使われていたのは、iPhone5cに見えるような、黄色やピンクや青や緑の端末らしきものでした。それぐらいAppleは自社の商品を他社に使わせないのです。そのAppleの広告に、他社のロゴが入るというのは、ある意味大事件のような気がします。

キャッシュバックが復活した?!

最近iPhone5cでとくに変わった動きはありません。一部の国で販売されている8GBモデルも、日本では発売されていません。少し変わったかなと思うことは、以前のように端末代が一括0円が復活しているということでしょうか。さらにMNP(乗り換え)の場合に限り、あのキャッシュバックが復活しているようです。

9月にも次のiPhoneが発売されると予想される中、相当数の在庫を一刻も早く捌かないといけないのは、想像に難くありません。やはりAppleと携帯電話キャリアの間で何かあったのではないかと推測できます。

携帯電話キャリアのロゴが入っても、在庫が捌けるようになるとは思いません。しかし、Appleの広告に他社のロゴを入れるという、今まででは考えられないことをするぐらいです。裏では何かあるとしか思えません。iPhone5cの販売条件が再び良くなっているのは、携帯電話キャリア手動ではなく、もしかしたらApple手動で行われていることなのかもしれません。

しかし、いくら販売条件が良くなっても、iPhone5cの販売が急に良くなるとは思えません。iPhone6が発売すると思わる9月に入れば、今以上に販売条件は良くなるでしょう。16GBモデルだけではなく、32GBモデルでさえもMNPで一括0円になる可能性もあると思います。さらには、新規一括0円という、今までのiPhoneでは考えられない条件での販売もあるかもしれません。毎月の端末代値引額(月々サポート、月々割、毎月割)が今と変わらない条件のまま、新規一括0円になれば、相当数の人がiPhone5cに飛びつく可能性はあると思います。その時が来たら、僕は黄色のiPhone5cを1台購入しようと思います。iPhone6が発売されれば性能的には2世代遅れになり、かなり微妙感がかなり漂うかもしれませんが、このカラフルでポップなiPhone5cのデザインは、ここ最近のAppleにはないテイストです。iPhone5cのデザインテイストは、個人的にはかなり惹かれます。すでに複数台iPhoneを持っている方も、あえて1台購入しておく価値はあるでしょう。

性能が劣るからiPhone5cはちょっとという方は、テザリング専用端末にしてしまってはどうでしょうか。このままいけば、かなり破格値でiPhone5cを維持できるはずです。月額¥3,000以下で維持できるのなら、間違いなく買いです。

夏の終わり頃にはiPhone6フィ-バ-ではなく、iPhone5cフィ-バ-が密かに起こるかもしれません。

IPhone5c 34L AllColors PRINT

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly