次のMacBookは新しいデザインになり、iPadとどうやって住み分けるのか。

スポンサーリンク

次期iPhone、iPadのデザインがなんとなく分かってしまった今、Appleの新しいデザインを見ることができるのは、いつになるのでしょうか。

Jonathan Ive on Apple’s Design Process and Product Philosophy – NYTimes.com
次の素材が出る予兆か。

これを読むと、今もAppleは新しいデザインに挑戦しているというのが分かります。今までにチタンを使った製品はありませんので、次のMacBookにはチタンが使われるのでしょうか。たしか以前にリキッドメタルという新しい素材が使われるという噂もありました。

今のMacBookのデザインも、そろそろ6年ぐらいになります。洗練されたシルバーの筐体も見飽きてきました。いよいよフルモデルチェンジの時が近づいているのかもしれません。ちょどIntelの新しいCPU「Broadwell」が登場も迫っています。省電力でハイパワーのチップと、新しい素材を使ったデザインを融合させることで、画期的なMacBookを出せる状況になったと思います。

軽いノートパソコンを出すとiPadの立場は

もし800gぐらいのMacBookが出るとなると、iPadの立場はどうなるのでしょうか。重さでいけば、MacBookのほうが倍は重くなります。しかし、iPadはキーボードがないので、外付けのキーボードを付けると、あまり重さが変わらなくなります。あまり重さが変わらないのなら、どう考えてもMacBookを購入するでしょう。ただ値段が2倍から3倍ぐらいは違うでしょうから、一概には比較できませんが、、、

iOS8でiCloud DriveというDropboxみたいな機能が搭載されますので、思い切ってiPadをiPhoneの母艦にできるようにしたらどうでしょうか。iPadの256GBモデルを出せば、Macではなく、iPadでデータ管理をしても大丈夫なぐらいの容量にはなります。性能ではMacBookには劣りますが、今のiPadでもそれなりに動画や写真編集もできるので、Macのように、母艦的な使い方というのもできるように思います。

iOS8では写真アプリの編集機能もかなり強化されますし、方向性としては、MacとiPadのどちらか使いやすい方を選択してもらうという方向性にいくのかなぁと思います。

MacのiPhotoやApertureに目立った変化がありません。iOSの写真アプリだけは、大幅に改良されています。iOS系でも、Mac系レベルの機能を使えるようにし、iCloud Driveを搭載することで、端末を問わずシームレスに使えるようにするという方向性が、徐々に見えてきたように思います。

Apple – iOS 8 – iCloud Drive
どこまで機能が同じになるかが重要。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly