iWatchの登場を覚悟しよう。なぜiWarchがワクワクしないのか。

スポンサーリンク

いよいよiWatchが登場するのを、認めるしかない状況になってきました。

“iWatch”間もなく量産開始 Appleはウェアラブルに変革を起こせるか – ITmedia ニュース
もうすぐ生産開始か。

日本経済新聞もiWatchが10月に発売すると報道し、海外の有力メディアも、10月にiWatchの発表会があると報道しています。もうここまで10月と言われると、10月に出るのでしょう。認めたくないけど、iWatchが登場してしまいます。

何故こんなに発売前の製品が出ることを認めたくないのでしょうか。Appleが出すのなら、ワクワクドキドキするはずです。でも、何故かiWatchには心がときめきません。きっとAppleが好きな人ほど、心がときめいていないように思います。

なぜiWatchがワクワクしないのか

なぜiWatchがワクワクしないのでしょうか。その原因を考えてみました。

  • すでに競合他社が微妙な製品を出している
  • 小さい画面では操作しづらい
  • デザインの制約が多い

iWatchに心がときめかないのは、この3つが原因のように思います。

すでに競合他社が微妙な製品を出している。
一番の原因はこれでしょう。すでにSAMSUNGSONYが腕時計型の端末を出していますが、あまり腕に付ける必要性を感じない製品ばかり。スマートフォンの縮小版といった感じの端末で、スマートフォンを補佐するような機能が搭載されています。しかし、わざわざ腕に付ける必要があるのかと言われると、、、正直、、、要らないような気が、、、世に出ている腕時計型の端末にある機能は、別にスマートフォンで事足りる機能ばかり。わざわざ腕に付ける必要性を感じません。

このような状況でAppleが腕時計型の端末を発売して、もし同じような機能を搭載してきたら、僕らは失望するしかありません。「別にiPhoneがあれば要らない気が、、、」考えれば考えるほど、こんな状況になるような気がするため、iWatchの登場を認めたくない気持ちになってしまいます。

小さい画面では操作しづらい
腕に付けるということは、画面は小さくなるでしょう。画面が小さいということは、操作しづらいということです。以前にAppleは、iWatchのような製品を発売しています。それは、第6世代のiPod nanoです。前面にボタンがない、フルタッチ機能のiPod nanoが、2010年に発売されました。このiPod nanoを購入しましたが、実際に使ってみた感想としては、かなり使いにくかったと記憶しています。今までのホイール式のiPod nanoのほうが操作しやすいような、、、そんなことを思いながら、そのiPod nanoを使っていました。あの形を活かすために、Appleから腕時計にするアクセサリーも発売されていました。しかし、流行ることもなく、ひっそりと消えてしまいました。

どう考えても、時計サイズの画面では使いづらいのは間違いありません。小さい画面を手でタッチすること自体に無理があります。手で操作しないとなると、もう声で操作するしかありません。iPhoneにはSiriという機能があり、すでに声で操作できますが、あまり使い勝手が良いとは言えません。もう少し改善されるとしても、声というインターフェースに、あまり期待が持てないのです。

デザインの制約が多い
そしてAppleらしいデザインににも不安を感じます。なぜなら、その大きさに、それなりの機能を詰め込もうとすると、無理があるとしか思えないからです。かなり小さいサイズに、液晶、機械を制御するチップ、さらにはバッテリーまで搭載しないといけません。この大きさに、これだけの物を詰め込むには、まだ時期尚早だと、ガジェットマニアは気付いているからです。SAMSUNGSONYの腕時計型端末も、デザインが洗練されていません。画面部分が大きくなってしまい、腕に付けるには少々苦しいサイズになっています。

デザインを良くするには、機能を少し落とすことで、デザイン上の制約を減らす必要があります。Appleがどのあたりで落とし前をつけてくるのか。iWatchが成功するかどうかは、ここにかかっているとでしょう。

心は時めかないが並びます

こんなことを書いておいきながら、いざ発売されるとなったら、勿論会社を休んで並びに行きます。まったくもって矛盾していますが、Appleが新しい物を出すとなったら、僕らは飛びつくしかありません。

まだどんな物が登場するか分からない今、かなり冷めた目でiWatchのニュースを見ています。でもいざ発表されたときは、僕らAppleファンを興奮させるようなものを期待しています。どうか僕らをがっかりさせずに、これからも夢を見させてくれるAppleでいてください。僕の切なる願いです。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly