SIMフリーが騒がしくなってきた。そしてiPadもSIMフリーモデル登場。

スポンサーリンク

ここ最近、SIMフリー、SIMフリー、SIMフリーと、騒がしくなってきました。とくに目立つのは、docomo、au、SoftBankで契約するよりも半額ぐらい安い値段で契約をすることができるサービスです。これらのサービスは、端末とSIMカードがセットで、月額3,000円ぐらいのサービスがほとんどです。

音声通話付きSIMカード「U-mobile」提供開始、月額1660円~ – ケータイ Watch
音声通話付きSIMカード。
月額3476円の「BIGLOBEスマホ」登場、音声通話サービス開始 – ケータイ Watch
BIGLOBEも音声通話付きのSIMとスマートフォンをセットにしたサービスを提供開始。

各社様々なサービスが出てくるのは良いことだと思います。これらのサービスを選ぶときのポイントは、Wi-Fiサービスが付いてくるSIMカードを選ぶことです。値段が安いということは、それなりに制限があります。高速通信できる月の容量も、少なめになっています。1GB、2GBぐらいの容量は、比較的簡単に使いきってしまいます。うまくWi-Fiサービスを活用することで、制限容量の少なさをカバーすることができます。

Wi-Fiサービスの付いた格安SIMカードを選択すれば、格安SIMカードでも、快適なモバイルライフを送ることができるでしょう。

ついにiPadもSIMフリーモデルが登場

SIMロックフリー版「iPad」、アップルのオンラインストアで – ケータイ Watch
やっと登場。

docomoからiPadが発売されれば、SIMフリーのiPadも出るだろうと言われていましたが、docomoのiPadが登場から1ケ月以内に、SIMフリーモデルのiPadが登場しましたすでにSIMフリーのiPhoneが登場していましたので、あまり驚きはありませんが、いつでもどこでも通信ができるタブレットを1台持っておくと、意外に便利だったりします。MNPのしすぎでSIMカードが余っている方などは、SIMが挿さるタブレットを1台持っておくと、余ったSIMカードを有効活用できるので、是非1台SIMロックが掛かっていないタブレットを1台持っておくと良いでしょう。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly