iOSのデベロッパー登録をして気付いたこと。

スポンサーリンク

Appleのデベロッパー登録をしました。Appleから新しいハードも登場せず、退屈な毎日が続いているため、なんとなくデベロッパー登録をしてみました。Appleのデベロッパー登録というのを簡単に説明しますと、みなさんが普段使っているiPhoneのアプリなどを作って、リリースすることができるようになります。年間1万円ぐらいのお金を払うと、App Storeでアプリをリリースすることができます。いわゆるアプリ開発者になれる訳ですが、Appleのデベロッパー登録をすると、もうひとつメリットがあります。それは、新しいiPhoneのOS(iOS)や、Macの OS(OS X)が正式にリリースされるより前に使うことができます。

一般公開より前に使うことで、新しいOSの仕様に合わせたアプリを作ることができるため、正式にiOSの最新バージョンがリリースされたときに、新しいiOSの機能を使ったアプリが揃っている訳です。

僕はアプリなんて作ることができませんが、余っているiPhoneもあるので、一足先にiOS8を触ってみようと思い、Appleのデベロッパー登録をしてみました。

登録してみて気付いたことが色々ありましたので、ちょっと書いてみたいと思います。

iOSとMacのデベロッパー登録は違う

Appleのデベロッパー登録というのは、ひとつだけしかないと思っていましたが、2つありました(Safariもありますが、Safariのデベロッパー登録は無料なので省きます。)。iPhoneなどのiOSとMacのOS X用の2種類のデベロッパー登録がありました。それぞれ7,800円かかります。Appleに登録するのに年間7,800円かかるのかと思っていましたが、それぞれのOS向けにお金がかかるため、両方登録すると、15,600円(税別)かかります。新しいiOSだけではなく、Macの新しいOSも試してみるには、さらに7,800円かかります。

余っているiPhoneがある方は多いと思いますが、余っているMacを持っている方は少ないと思います。安定感にかけるOSを使うのには不安があるので、まずはiOS向けのデベロッパー登録をするのがいいでしょう。

アクティビティーメールがこない

年間登録料金の7,800円をクレジット決済しても、すぐにはiOSのベータ版を使うことはできません。Appleからアクティベーションコードがメールで届かないと、iOSのベータ版をダウンロードできません。24時間以内に送られてくるとありましたが、僕は送られてきませんでした。

Appleのサーポートにメールをしたら、翌日には、アクティベーションされましたというメールがきました。通常ですと、アクティベーションコードがメールで届き、そこをクリックして登録するみたいですが、僕の場合は登録されましたとメールがきました。

このアクティビティーコードのメールが届かないことが、よくあるようです。アクティベーションコードが届かない方は、一度Appleのサポートにメールをするか、電話で問い合わせてみましょう。

Contact Us – Apple Developer
こちらから問い合わせてみましょう。
Worldwide Telephone Support – Apple Developer
電話はこちらから。

これからどうしようか

以上2点が、デベロッパー登録をしてみて気付いたことです。みなさんは、iOS8の使用感などを知りたいと思いますが、そういったことは守秘義務契約で話してはいけないため、ここでは書くことはできません。iOS8の正式リリースをお待ちください。

これからプログラムでも勉強して、アプリ開発したらいいのでしょうか、、、

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly