iPhone6は傷が付かない?

スポンサーリンク

発売前から見飽きてしまっているiPhone6ですが、この情報が本当なら、見飽きてしまっても買い換えたくなります。

【動画】「iPhone 6」のものとされるフロントガラスの様々な耐久性テストの映像 | 気になる、記になる…
やはりサファイアガラスを採用?! 流出した「iPhone 6」のフロントガラスはかなりの強度がある事が明らかに …
これだけの強度があるのはすごい。
やはりサファイアガラスを採用?! 流出した「iPhone 6」のフロントガラスはかなりの強度がある事が明らかに | 気になる、記になる…
凄い強度。

iPhone6のフロントパネルの耐久度テストの映像ですが、車で踏んでしまうまで、割れないぐらいの強度があるようです。本当にこれだけの強度があるのなら、もう液晶保護フィルムは貼らなくてもいいかもしれません。

ほとんどの方は、自分のスマートフォンにケースを付けていると思います。せっかくのデザインも、ケースを付けてしまっているため、ほとんど見ることがありません。たまにケースを外してiPhoneを見ていると、たしかに他のスマートフォンより、高級感があります。細かいところまで良く出来ています。他のスマートフォンも、良いデザインのものが増えてきていますが、やはりiPhoneのほうが、頭2つぐらい上をいっているように思います。これだけの高級感のある物が、何千万台という数で生産されていることに驚きます。iPhone6では、より強度の高いガラスを使うことで、ますます高級感が高まりそうです。

最新のリーク情報をもとに作られた「iPhone 6」のレンダリング画像 | 気になる、記になる…
線だけが気になります。

ガラス以外の部分が問題

前面は傷が付かなくなるかもしれませんが、相変わらず背面と側面は傷が付くと思われるため、iPhone6でもケースは必須になりそうです。背面はiPad AirやiPod touchと同じアルミになるように見えます。アルミですと傷が付きますので、ケースは必須になるでしょう

ケースメーカーのSPIGEN、米Amazonで「iPhone 6」用ケースの予約販売を開始 | 気になる、記になる…
かなり薄くなっているのが分かります。

iPhone6が発売されていないのに、すでにケースの予約が始まっています。iPhone4Sぐらいから、発売前にケースの販売が始まるというおかしなことが起きています。新しいiPhoneが発表されてからケースを作っていては、新しいiPhoneの発売にケースが間に合わないため、このようなことが起こります。こういったケースメーカさんのおかげで、発売日に並んでiPhoneを購入しても、ケースもいっしょに購入できるわけです。

写真で見る限り、かなり厚みが薄くなっているように見えます。画面が大きくなるということで、本体を薄くすることで、持ちやすさを両立させているのかもしれません。

iPhone6は、画面が大きくなる、より薄くなる、前面は傷が付かない。少しずつではありますが、僕らユーザーの不満が改善されていきます。あとは、バッテリーが長持ちする、防水。この機能が付けば、iPhoneを買い換える必要がなくなってしまうかもしれません。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly