Lightningケーブルが安くなってきました。

スポンサーリンク

安いLightningケーブルが、ポツポツと発売されるようになりました。今までも安いLightningケーブルはありましたが、最近発売されているLightningケーブルは、少し違います。最近出ている安いLightningケーブルは、AppleのMFi認証済みになっています。今までの安いLightningケーブルは、Appleの認証を受けていないケーブルばかりでしたが、Apple MFi認証されたケーブルでも安いケーブルが登場してきました。

なぜ今なのか

なぜ、今頃になって安いLightningゲーブルが登場するようになったのでしょうか。Apple関係のこういった裏事情は、ほとんど表に出てこないため、僕が勝手に推測してみました。

1.量産効果で安くなった
単純に量産効果で安くなったということじゃないでしょうか。Lightningケーブルが登場してから2年ほど経ちました。そろそろ、値段が安くなってもおかしくない頃です。もしこれが理由なら、他社からも続々と安いLightningケーブルが登場してくるはずですが、、、

2.Appleのライセンス料が安くなった
実はAppleがライセンス料を下げたのかもしれません。AppleのMFi認証を受けていないケーブルが安いということは、単純にライセンス料の分だけ値段が高いということになります。発売から2年ほど経ったということもあり、Appleがライセンス料を下げたということはあり得ます。しかし、もしライセンス料を下げたとなると、他社の製品の値段も下がらないとおかしいことになります。

3.Lightningコネクターが変わるから
まだ噂の段階ですが、早くもLightningケーブルが終わってしまうという話があります。

アップルが「Lightningコネクター」を廃止し、「microUSB」に統一?――欧州で新法制定の動き – すまほん!!
この動きにAppleはどう対処する。

これは、欧州のほうで決定したことのようですが、携帯電話のケーブルの規格を統一することで、廃棄物になるといった環境的要因や、ケーブルの乱立による消費者の混乱を避けるという法案が決まりました。

これを回避するために、Appleはmicro USBをLightningコネクターに変換する製品を出しました。しかし、この小手先だけの対応ではダメだとなったようです。iPhoneのほうのコネクタを、ちゃんとmicro USBにしなさいということのようです。さすがのAppleでも、もう対処のしようがないということで、1代限りでLightningケーブルが終わってしまうという噂になっています。世界規模でiPhoneを販売するAppleが、欧州だけコネクターをmicro USBにするということはないでしょう。micro USBにするのかLightningを継続するのか。その答えが出るのは、新型iPhoneが発表される9月でしょうか。

とりあえず1個買っておこう

何が理由かは分かりませんが、僕ら消費者にとって安いのは嬉しい限り。iPhone5以降のiPhoneをお使いの方は、この機会に1個購入しておきましょう!

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly