手書ブログのススメ

スポンサーリンク

Androidの文字入力システムをmazecに変更してから、手書きでブログを書くことに挑戦しています。今日で手書きブログは3日目になります。まだ3日目ですが、手書きでブログを書くということに、とてつもない可能性を感じています。

どんな可能性かといいますと、ブログを書く人口を大幅に増やす可能性があるということです。コンピュータが苦手な方は、文字を入力するというところでつまずく方が多いように思います。スマートフォンが世の中に普及してきて、フリック入力という新しい文字の入力方法が生まれました。パソコンのキーボ-ドをブラインドタッチするのは苦手な方も、スマートフォンのフリック入力ならできるという方も多いと思います。しかし、フリック入力も、ちょっと厳しいという方もいるでしょう。そんな方でも、手書きの文字入力ならできるはずです。手書き文字入力システムのmazecが普及すれば、すべての人がブログを始めることができるようになります。

文字の認識精度が高い

正直なことを言いますと、実際にmazecを使ってみるまでは、手書きの文字入力システムなんて使いものにならないと思っていました。しかし、mazecを使ってみて、その考えは完全に変わりました。mazecの手書き文字入力はかなり、いや想像以上に使いものになるのでした。

今までコンピュータを使ってきた人にとって、手書きの文字入力システムというものは、あまり使いものにならないという感覚を持っているのではないでしょうか。

スクリーンショット 2014 08 06 9 33 50

手書きの文字入力と聞いてまず思い浮かべるのは、パソコンで漢字を調べるときに使うアレです。マウスでドラッグしながら文字を書くという、どう考えても使いづらい辞書です。文字を書くというよりは、文字を調べるために使うものなので、mazecとは少々違いますが、あの文字の書きにくさが、手書きの文字入力システムの印象を悪くしているように思います。しかしmazecは、手書で文字を書くことで、文章を入力していくというシステムです。もし文字の認識精度が悪いということになれば、致命傷になりかねません。使ってみると分かりますが、ビックリするぐらい文字の認識精度が高い。少々いい加減に文字を書いても、しっかりと認識してくれます。

文字の書き味も上々ですし、書いている途中の段階で、すでに文字を認識しています。そのおかけで、すべて文字を書き終わる前に、文字候補を選択していくことで、サクサクと文字を入力していくことができます。

漢字が分からなくても大丈夫

これもmazecの素晴らしい点のひとつです。手書きということは、ちゃんと漢字を書くことができないと、その漢字が出てこないのではないかと思うところです。そんな心配はいりません。漢字が分からなければ、ひらがなで文字を書けば変換候補に漢字が出てきます。さらに、ひとつの漢字だけ分からなくても大丈夫。分からない漢字はひらがなにしておけば、変換候補に自分が書きたかった漢字が出てきてくれます。

漢字があまり分からない方も安心してmazecを使うことができます。

頭で考えたことを、そのまま文章にしていける

もしかしたら、これこそmazecの1番素晴らしい点かもしれません。頭に浮かんだ文字をそのまま文章にできます。そんなの当り前じゃないかと思うかもしれません。しかし、これが当り前ではないのです。

文字をタイビングするとき、どうやって打ちますか?ローマ字入力で打つ方がほとんどだと思います。例えば「こんにちは」と打つ場合、「KONNNITIWA」と打たないといけません。頭の中で 「こんにちは」を「KONNNITIWA」に変換しています。この変換をすることに意外に頭を使っています。これがmazecですと 「こんにちは」とそのまま書けばオッケーです。頭に浮かんだ文字を、そのまま文章にすることができます。

キーボ-ドでタイピングするより、より豊かな文章を書くことができるでしょう。

手書きでブログという新しい体験

あまりピンとこないかもしれませんが、1度手書きでブログを書いてみてください。今までのブログとは違う執筆体験ができるでしょう。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly