ソフトバンクショップでSIMロック解除をしてもらうときの注意点

スポンサーリンク

携帯電話キャリアに行って、初めてSIMロック解除をしました。ネット上の体験談を読んでいると、あまり良い対応をされないことが多いようです。僕も無碍な対応をされるのを覚悟で行きました。ショップによっては、できないというお店もあるようなので、名古屋で一番大きいソフトバンクショップに行きました。

さすが名古屋一のソフトバンクショップだけあって、スムーズにSIMロック解除の手続きが終わりました。しかし、最後の最後に落とし穴がありました。僕のような体験を、皆様がしないためにも、ソフトバンクショップでSIMロック解除をするときの注意点を書きたいと思います。

ソフトバンクモバイルの携帯電話を他社で利用する / SIMロック解除 | SIMロック解除、他社製品でのソフトバンクモバイルのご利用について確認する | お客さまサポート | モバイル | ソフトバンク
公式ページの説明。

端末の残債は0円で

まずは一番大事なことを書きます。お持ちのスマートフォンの端末代をすべて支払った状態にしてください。割賦で端末代を支払い中のスマートフォンは、SIMロック解除をすることができません。

ネットワーク利用制限携帯電話機の確認ページにいき、スマートフォンのIMEI番号を入力すると自分のスマートフォンに利用制限が掛かっているか確認できます。このページで◯にならないと、SIMロック解除ができません。△ですと、まだ端末代を支払い中ということです。端末代をすべて支払えばSIMロック解除ができます。ソフトバンクショップ店頭で、いっきにSIMロック解除をしましょう。

SIMロック解除してくれる端末を用意

ソフトバンクのスマートフォンをSIMロック解除するにあたって、もうひとつ大事なことがあります。それはSIMロック解除することができるスマートフォンと、SIMロック解除ができないスマートフォンがあります。2014年8月13日現在、ソフトバンクで取り扱いのあるスマートフォンで、SIMロック解除できるスマートフォンは以下の通りです。

301F(ARROWS A 301F)

NewImage

201HW(STREAM 201HW)

NewImage

009Z(STAR 7 009Z)

NewImage

008Z(シンプルスマートフォン 008Z

NewImage

以上の4機種しかありません。皆さんが一番持っていると思われるiPhoneは、SIMロック解除することはできません。SIMロックされていないiPhoneが欲しい方は、iPhone5sかiPhone5cを、Apple Store、もしくはApple Online Storeで購入してください。ソフトバンク、ドコモ、auで購入したiPhoneは、SIMロック解除をすることはできません。

この4つという、少ない選択肢から選ぶとすると、ARROWS A 301Fしかないでしょう。端末の性能も申し分ない上に、おサイフケータイ、防水機能を搭載した、とても完成度の高いスマートフォンです。今なら新規一括0円で購入も可能になっています。SIMロックの掛かっていないスマートフォンを、お手軽に入手する大チャンスです。

以上の2点に注意してください。どんな端末でもSIMロックが可能な訳ではないということ。端末代をすべて支払っていないといけないということ。この2点をクリアーしたら、ソフトバンクショップへ行きましょう。

ソフトバンクショップへ持っていくものは

さぁ、ソフトバンクショップへ向かいましょう。ソフトバンクショップへ持っていくものは、以下の通りです。

◯SIMロック解除できるスマートフォン
◯身分証明書
◯3,240円(税込み8%)

以上の3つを持っていけば、SIMロックを解除することができます。SIMロック手続き自体は、スムーズにいけば、15分ぐらいで完了すると思われます。

アンロックコードを確認

店員さんが10分ぐらい作業するとSIMロックが解除されます。SoftBank以外のSIMカードを挿して端末を立ち上げると、アンロックコードというものを聞いてきます。ここをキャンセルすると、いつもの見慣れたホーム画面にいけます。アンロックコード入力画面で、今発行してもらった、アンロックコードを端末に打ち込むと、端末に掛かっているSIMロックが解除されます。

僕がSoftBankショップに持ち込んだときは、SoftBankショップの店員さんが、アンロックコードを入力しわすれるという、あり得ないミスをしてしまったため、再度お店に足を運ぶはめになりました。これからSoftBankショップでSIMロックを解除してもらう方がいましたら、最後に端末に何か打ち込んでいる(SIMロックを解除する、アンロックコードを入力しています)か、しっかり確認してください。端末を何も触ることなく、端末を返されたら、SIMロックは解除されていませんので気をつけてください。

店員さんも慣れていないので注意

何もトラブルがなければ、15分ぐらいで作業は完了します。しかし、店員さんも慣れていないのか、今回のようなあり得ないミスをすることもあります。お金を払ってSIMロックを解除しにいったのに、ロックを解除するコードを入力せず端末を返されるというのは、偶然にしてもあり得ないと思います。もし、そのままSIMロックが解除されたと思って海外に行ってしまい、海外に着いてSIMロックが解除されていないと気付いた場合、SoftBankはどうするつもりなのでしょうか。やはり、SIMのロックを解除するというのは、ほとんど需要がないのでしょう。しかし、メーカーとして公式に提供しているからには、しっかりと対応してほしいと思います。

SIMロック解除が来年義務化へ スマホ価格が10万円に跳ね上がる可能性も 日経トレンディネット
本当に義務化されるのだろうか。

2015年からはSIMロックが解除されるようなので、今よりは対応は良くなると思います。それまでにSIMロックを解除されに行かれる方は、その場でSIMのロックが解除されたか確認しましょう。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly