はじめてのノマド Vol.5〜iPhone(スマートフォン)に入れたいアプリ〜

スポンサーリンク

道具を揃え場所も決め道具を入れる鞄も用意した上に、クラウドサービスも使うようになったあなたなら、もうどこでも仕事ができるでしょう。基本的にパソコンがあれば、大半のことはWebブラウザーから行えます。しかし、スマートフォンがあれば、ちょっとした情報をサッと確認したり、処理をすることができます。

今回は、これだけはiPhoneに入れておきたいアプリを紹介します。

天気予報

iPhoneに入れておきたいアプリはたくさんありますが、これだけは絶対に入れておきたいアプリがあります。それは天気予報です。何はともあれ天気が分からないと、1日の行動を組み立てることができません。最近の日本は、亜熱帯地域のように、急に雨が降るようになりました。ザーッと降った後に、カラッと晴れることも多く、天気予報アプリで雨雲レーダーをチェックすることで、雨を避けて行動することができます。僕が1日にタッチするアプリの3分の1は天気予報アプリです。それぐらい常に天気をチェックしています。

Yahoo!天気

天気予報アプリはたくさんありますが、今は「Yahoo!天気」に落ち着きました。いつも使っている、パソコンのWebブラウザーで見るYahoo!天気を見ることができるアプリです。これといった特徴もありませんが、これといった不満もないのが、「Yahoo!天気」の特徴です。一番知りたい雨雲ズームレーダーを無料で見ることができるので重宝しています。

2014 08 24 16 07 39

一時間前の雨雲から、一時間後の雨雲(予想)の動きを見ることができます。計2時間の雲の動きを見ることで、おおよその雲の流れを確認することができます。この機能のおかげで、あと30分ぐらいしたら雨が止むなぁと推測することができるので、雨が止むまでカフェで仕事をすることができます。毎日雨雲の動きを見ていると、だいたいパターンが分かってきますので、かなりの精度で雨を避けることができるようになります。標準の天気アプリは、デザインは良くできていますが、機能的には足りない部分が多いアプリです。是非「Yahoo!天気」を使って、雨に降られない行動を組み立ててください。

Yahoo!乗換案内

またまたYahoo!のアプリ、「Yahoo!乗換案内」です。パソコンでYahoo!路線を使う方は多いと思いますが、あれのiPhoneアプリ版です。普通に電車の時刻を調べることもできます。

2014 08 25 20 49 01

さらには、通勤通学で使う駅を登録しておくことで、いつも乗る電車が何分後に来るか確認することができます。この機能は、「駅.Locky」というアプリが有名ですが、Yahoo!乗換案内にもこの機能が搭載されたことで、「Yahoo!乗換案内」だけ使うようになりました。Yahoo!IDと連携させることで、時刻表を保存したりすることもできます。使えば使うほど便利な「Yahoo!乗換案内」。電車時刻表アプリの決定版と言ってもいいアプリです。

Google Maps

これがあるからスマートフォンを購入したという方も多いのではないでしょうか。地図アプリと行ったら「Google Maps」。これだけの機能のアプリが無料でいいのか、使っていて心配になるレベル。はっきり言って、車に搭載されているカーナビを越えています。カーナビなしでも、この「Google Maps」さえあれば、どこへでも行けるでしょう。車でのルートだけではなく、電車の乗り換えやバスの乗り換えも調べることができます。さらには、ストリートビューという驚異の機能もあります。初めて行く場所も、ストリートビューで確認しておけば、行く前に雰囲気を掴んでおくことができ、いざその場所に行ったときに、迷うことなく行動できます。

番地まで指定して検索することで、ピンポイントでその場所に行くことができます。さらに、Googleアカウントを入力しておくと、検索履歴が出てくるので、パソコンのGoogle Mapsで検索したものも、iPhonedで確認をすることができます。Googleのクラウドサービスの凄さを感じずにはいられないアプリのひとつです。

Refills

スマートフォンに入れておきたいアプリとして外せないのが、カレンダーアプリです。このアプリで、スケジュールを管理します。紙の手帳を使わなくなって5年ぐらいでしょうか。この便利さに慣れてしまうと、もう紙のスケジュール帳には戻れません。それぐらいスマートフォンのカレンダーアプリは便利です。しかし、意外にスマートフォンでスケジュール管理している人がいません。スマートフォンでスケジュール管理をしているかしていないかが、スマートフォンを使いこなしているか、使いこなしていないかの分かれ目のように思います。スマートフォンでスケジュールを管理している人は、スマートフォンを仕事に積極的に活用しているように思います。紙のスケジュール帳を使っている人は、まだまだ紙が基本ベースにあり、大事なことは、紙ベースでしか管理ができないように思います。勿論、紙の良さもありますが、スケジュールに関しては、スマートフォンで管理したほうが、明らかに優れていると思います。最初は慣れないかもしれませんが、無理してスマートフォンでスケジュールを管理してみてください。使っているうちに、何も考えずにサクサクとスケジュール管理ができるようになっているでしょう。

とくにRefillsというカレンダーアプリは、紙のスケジュール帳に近いデザインになっています。そのおかげで、コンピュータに抵抗がある方でも使いやすいデザインになっています。お試し用の無料版アプリもありますので、一度使ってみてください。

Dropbox

最後に紹介するiPhonen入れたいアプリは「Dropbox」です。あまりの便利さから、気がつけばほとんどの人が「Dropbox」を使っているように思います。クラウドがあまり理解できていない方は、「Dropbox」をどう使ったらいいのか悩む方も多いようです。そういった方に伝えたいのは、パソコンにあるひとつのフォルダーだと思ってください。パソコンにあるDropboxのフォルダーにデータを入れると、クラウドに自動でアップされます。クラウドにアップされたデータは、iPhoneからも見ることができます。iPhoneからアップしたり、このデータの場所はとか難しいことを考えずに、大事なデータをバンバンDropboxに入れておきましょう。そうすることで、外出時にiPhoneからデータを参照することができます。まずはiPhoneでデータを編集することは考えずに、パソコンで作ったデータを、iPhoneで見るだけという使い方から始めましょう。きっと使っているうちに、「Dropbox」の便利さを実感することでしょう。

まずはこの5つのアプリから

他にも入れてほしいアプリはたくさんあります。しかし、たくさん入れると混乱します。まずはこの5つを入れてみてください。そして、この5つのアプリを毎日使ってください。間違いなく、使っているうちに便利さに気付きます。便利さに気付いたときには、もうスマートフォンなしでは生活できなくなっているでしょう。

本日紹介したアプリは、すべてAndroid版もあります。Android版も、ほぼ同じ使い勝手になっています。数年前までは同じアプリでも、明らかにAndroid版のほうが完成度が劣っているように感じました。しかし、急速にAndroidユーザーが増えてきているため、Android版アプリも、かなり力の入った開発がされてきています。本日紹介したアプリのAndroid版は、iPhone版と遜色のない出来になっていますので、Androidユーザーの方も、同じアプリのAndroidを使ってみてください。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly