ついにクラウド時代に最適なSIMカードが登場か

スポンサーリンク

さぁ9月になりました。今月は新型iPhoneの発表、新型Androidスマートフォンの発表、インテルの新しいCPU Broadwellを搭載した超薄型パソコンなど、ワクワクする発表が目白押しです。便利なデジタルデバイスが増えてくるたびに不満に思うのが、通信環境です。日本の通信環境は悪くないと思います。悪くないというより、かなり良いほうでしょう。しかし、その良い通信環境を、速度を規制したり、通信料金が高めだったり、端末にロックをかけたり、様々な手を使って、ユーザーの利便性をを悪くしています。通信環境が良いため、好き放題使われると、回線がパンクしてしまうからでしょう。

LTEの速度もドンドン向上しており、ますます通信環境は良くなっていくでしょう。しかし、どうも使っているユーザーは、その恩恵を感じていないように思います。通信速度が向上してきたことで、動画を見る人が増えたと思います。一昔前までは、YouTubeなどの動画サイトは画像が粗いのが当たり前でした。いつのまにかハイビジョンで視聴できるようになり、さらには4K (4096 x 2304) で見ることができる動画も出てきております。

これからも日々使うデータ量は右肩上がりでしょう。それなのに、相変わらず月7GBや5GBなどという規制があります。月に7GBという規制は、ある程度の規制をかけるないと回線がパンクしてしまうので、しかたがないとは思います。しかし、3日で1GBという、規制だけはいただけません。仕事で大きめのデータを送ったりすると、あっさりと3日で1GBという容量を使ってしまいます。気が付いたときには、速度制限になっており、自分のスマートフォンやパソコンが壊れたのかと思うほど、速度が遅くなります。

速度だけ速くはなるが、ユーザーの使い勝手がいまいち悪いという、日本の通信事情が変わるには、まだまだ時間がかかるだろうと思っていたところ、目を疑うようなSIMカードが登場しました。

使用量による速度制限なしのSIM

月額2980円で3Mbps、パケット通信量無制限!魅力ありまくりなNTTぷららの格安SIMを試してみた[PR] – 週アスPLUS
本当に速度制限なし?!

なんとどれだけ使っても、速度制限がないSIMカードが登場した。速度制限がないと言うと語弊があるだろうか。このSIMカードは、元々通信速度が3Mbpsしか出ない(上り、下りとも)。最初から速度制限があるような状態かもしれないが、どれだけ使っても、通信速度は3Mbps。今まで500Kbpsぐらいの速度なら、どれだけ使っても速度制限がないサービスはあった。しかし、今回発表された、ぷららモバイルLTEは、どれだけ使っても、3Mbpsということ。

かなりネットをしている人なら分かると思うが、常時3Mbpsぐらい通信速度が出るのなら、YouTubeなどの動画サイトも、ほぼストレスなく使えるはず。Kbpsではなく、Mbpsの速度が常時出る、制限なしのSIMカードは、ある意味ユーザーが一番求めていたSIMカードのように思う。しかも、圧倒的なエリアを誇る、安心のドコモネットワーク(docomoのMVNO)。エリアも広くて、どれだけ使っても3Mbpsの速度が出るのなら、正直本家ドコモと契約するより良いように思う。

まずはテストしてからということだろうか。9月は600名しか募集をしないようだ。おそらく、すぐに売り切れると思う。欲しい方は、今すぐ注文をしよう。

ぷららモバイルLTE 定額無制限プラン|ぷらら
9月は先着600名。

ユーザーの反響と、実際の使用状況のバランスを見ながら、徐々にユーザーを増やしていくと思われる。このSIMカードはかなり売れると思う。様々な格安SIMカードが発売されているが、これこそ決定版と言ってもいいかもしれない。僕も早速申し込みをしました。SIMカードが到着次第、レビューをしたいと思う。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly