iPhone6よりiOS8。いよいよiPhoneの使い方が変わる

スポンサーリンク

いよいよiPhone6が登場します。その2日前には、iOS8という新しいOSが登場します。現在iPhoneを使っている方は、無料でiOS8にバージョンアップできます(iPhone4S以降の機種が対応)。

一足先にiOS8を使っている方もいると思いますが、普通に使っている分にはあまりiOS7との違いを感じません。細かいところの使い勝手が良くなっており、大きな不満もありません。

あまり変化がないように見えるiOS8ですが、今までのiOS(iPhoneのOS)のバージョンアップの中でも、一番大きなバージョンアップと言ってもいいバージョンアップになるでしょう。

iOS8対応アプリがiPhoneの使い勝手を変える

iOS8になることで、今までiPhoneではできなかったことが、たくさんできるようになります。使い勝手もよく、ストレスの溜まらない快適な使用感がiPhoneの良いところですが、わりと制約が多いところに、若干の不満を感じることもあります。その不満も、iOS8になることで、かなり解消されるでしょう。

とくに注目されているのが、文字入力システムを変えることができるという点です。今までのiPhoneは、最初から搭載されている文字入力システムしか使うことができませんでした。かなり使いやすい文字入力システムですが、日本語は、漢字ひらがなカタカナと、文字が多く、コンピュータ的にはやっかいな言語です。iPhoneの漢字変換に、不満を感じることもあるのではないでしょうか。iOS8になると、文字入力システムを変えることができるようになるため、この漢字変換の不満が、解消されると期待されています。早くも、3つほどの文字入力システムが、iOS8への対応を表明しています。とくに注目なのが、ATOKでしょう。日本語文字入力といったら、ATOKというぐらい有名です。iOS8のリリースを目前に控え、iPhone版ATOKのティザーページが出来ています。このようなページを作ったということは、おそらく9月17日のiOS8リリースと同時に、ATOKもリリースされると思われます。それなりの値段のアプリ(¥2,000ぐらいか)になると思いますが、値段分の価値はあるアプリだと思いますので、リリースされたら、すぐに導入したいと思います。

他にもiPhone5sに搭載されているTouch ID(指紋認証システム)を使った、パスワード入力や、文章作成系のアプリの使い勝手が大幅に向上するでしょう。

今までEvernoteやPocket(後で読む)をiPhoneで使うのは、やや面倒くさいところがありました。しかし、iOS8が登場すれば、アプリ間連携ができるようになりますので、ボタンを押すことで、簡単にEvernoteやPocketに送ることができるようになるでしょう。

iPhoneがより生産性の高いデバイスへ

今まであまり何かを作ることに適していなかったiPhoneですが、おそらくiOS8の登場を境に、ただ消費するデバイスから、より生産性を持ったデバイスへ変化していくでしょう。いよいよパソコンよりなスマートフォンになることで、iPhoneの使われ方が変わっていくでしょう。

9月17日以降に登場するiOS8対応アプリに注目してください。かなり使い勝手がよくなるアプリが多数登場するはずです。片っ端から試していきたいと思います。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly