今こそiPhone5s。手のひらに収まる抜群の使用感。

スポンサーリンク

iPhone6が届いてから10日ほど経ちますが、どうもiPhone5sばかり使ってしまいます。Androidスマートフォンを購入しても、iPhoneばかり使ってしまうというのなら分かります。OSの違いによって、使用感が違うからです。しかし、iPhone6とiPhone5sは同じiOSです。新しいiPhoneが来たら、普通は新しいほうばかり使うはずです。それなのに、どうして古いiPhone5sばかり使ってしまうのでしょうか。

手に収まる

一番の理由はこれでしょう。手に収まるということです。フリック入力がしやすいというような理由ではなく、普通に使っているときの収まりが非常に良いのです。iPhone5sは、パッと手に持ったときにギュッと握ることができ、とても安心感があります。反対にiPhone6は、手に持つと、縦は長すぎますし、横幅も若干大きくなっているため、手の収まりが悪くなっています。このまま片手で使おうとすると、手のひらの上でiPhone6を滑らすように、位置を微妙に変えながら使わないと、片手で使うことができません。iPhone5sですと、しっかりと手のひらに入れた状態で使うことができます。

iPhone6は、使っているときの持ち方が安定しないため、どうも不安感がある感じです。改めてiPhone5sのサイズ感の良さを感じざるを得ません。

少し情報量が多くなっただけ

iPhone6は画面サイズが少し大きくなったため、画面に表示される情報量が増えています。確かに今までより見える情報量が多いので、見やすくなったとは思います。見やすくなったといっても、わずか数行分です。結局情報量が増えたといっても、指でスクロールしないといけません。情報量が増えたのと引き換えに、手の収まりが悪くなり、操作がしづらくなっています。スマートフォンという限られた画面サイズの中で見るものですから、若干情報量が増える意味はあまりないように思います。

体感速度も変わらず

iPhone6になって、処理速度が高速化されましたが、使っていてほとんど違いを感じません。それもそのはず、iPhone5sに対して、20%ぐらいしか高速化されていないのです。さらに致命的なのは、RAM(メモリー)容量が同じ1GBということです。処理速度が20%高速化されて、RAMが2GBに増えていれば、もう少し使用感に違いが出たと思います。しかし、同じRAM容量ですから、使っていて違いを感じないのは当然です。

パソコンと違って、限られた性能の中で作られているのがスマートフォンです。互換性の問題もありますので、簡単にRAMを増やしてしまうという訳にもいかなかったのかもしれません。しかし、せっかく大画面化したのなら、RAM容量も増やして、今までのスマートフォン以上のことができるiPhoneになってほしかったところです。

値段が安い

これからiPhoneを購入する人に知っておいてほしいのは、iPhone5sのほうが、断然安いということです。ほとんどの方はSIMフリーモデルは購入しないでしょう。みなさんが購入されるのは、docomo、au、SoftBankで契約するiPhoneでしょう。iPhone6もiPhone5sも同じ値段のように見えますが、ある方法を使うと、圧倒的に値段を安くすることができます。それは、MNP(乗り換え)です。同じ携帯電話キャリアのまま使うと、値段はほとんど変わりません。しかし、携帯電話キャリアを変えると、グッと毎月の料金が安くなる可能性があります。

なぜ値段が安くなるのでしょうか。それはiPhone5sの値段が0円になるからです。iPhone6も0円じゃないかと思うかもしれませんが、MNP(乗り換え)してiPhone5sを購入する場合の0円はまったく違います。普通に購入するiPhoneは、通常毎月2〜3,000円ほどの端末代を支払っています。しかし、MNP(乗り換え)した場合のiPhone5sは、本当に端末代が0円のため、普通にiPhoneを購入する方より、2〜3,000円ほど安くなります。MNPしたiPhone5sは、端末代を払う必要がないため、その分毎月の料金が安くなります。

端末代が0円のメリットがもうひとつあります。それは、端末代に割賦が組まれていないので、もし2年経つ前に機種変更や、他のキャリアへMNP(乗り換え)しても、残った端末代金を支払う必要がありません。端末代金が残っていないため、すぐにiPhoneを売ることができます。通常ですと、端末代金の支払いが残っているiPhoneは買い取ってくれません。いつ手放しても、まったく問題がないiPhoneを手に入れることができるという観点からも、iPhone5sをお勧めする理由のひとつです。

MNP(乗り換え)は面倒くさいという方が結構いますが、一度やってみると、あっけないぐらい簡単です。スマートフォンの契約は複雑なため、あまりややこしいことをしたくないという方が多いかもしれませんが、物は試しと思って、一度MNP(乗り換え)をしてほしいと思います。ちょっとの手間で、毎月の料金が2〜3,000円も変わってくるわけですから、断然MNP(乗り換え)したほうが良いのは明らかです。

さらにキャッシュバックも

かなりの在庫が残っていると思われるiPhone5s。各携帯電話キャリアも、キャッシュバックを付けるなどして、売り切るのに必死になっています。ドコモはキャッシュバックがないようですが、SoftBankとauは、キャッシュバックが付くお店もあるようです。月々の料金も安くて、キャッシュバックも付いた上に、使い勝手の面でもまったく問題ないiPhone5s。最新機種のiPhone6のほうが、周りの注目を浴びるかもしれませんが、それも発売されてから数ヶ月程度だけ。長い目で見ると、iPhone5sを購入したほうが良いでしょう。iPhone6を購入した人も、改めてiPhone5sの素晴らしさを実感している人も多いかもしれませんね。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly