日本のDell Venue 11 Pro7000は、メモリ8GB仕様がないようです

スポンサーリンク

先日Dellが発表した「Venue 11 Pro7000」。たしかメモリ8GBも選択可能とのことでしたが、本日開設されたページを見てみると、メモリーをカスタマイズする項目がありません。

Dell Venue 11 Pro HD Windowsタブレット | Dell 日本
このままの仕様でいくのだろうか。

3モデルありますが、ストレージ容量の違いと、LTEに対応したSIMカードを挿すことができるのかという違いのみになります。SIM対応モデルで、90,980円(税別)という価格はお値打ちだとは思いますが、メモリーを4GBから8GBに増設させてくれれば、文句なしの仕様でした。

アメリカのDellのページにはまだ登場していない

アメリカのページには、新しい「Venue 11 Pro7000」のページがまだありません。もう少しして、現地時間で0時を越えれば登場すると思われます。Dellのブログに掲載された仕様表にも、「4GBまたは8GB LPDDR3 1600MHz」と書いてありますので、間違いなく8GBモデル仕様があると思われます。

4GBモデルの最上位仕様で10万を切っていますから、メモリーを8GBにしても、11万以内で収まるでしょう。Officeなどの余分なソフトがいっさい付いておらず、10万前後というお手ごろな価格で購入できるCore M搭載PCは、現段階では「Venue 11 Pro7000」しかありません。このぐらいの価格なら、思いきって最上位仕様にしようという方も多いと思うので、できることなら、ここ日本でもメモリー8GB仕様の登場を願いたいと思います。

Dell Venue 11 Pro HD Windowsタブレット | Dell 日本
8GBモデルの追加はあるだろうか?

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly