Voyageより、一番安いKindleがオススメ

スポンサーリンク

ただいま僕の手元には、2台のモノクロ端末があります。どちらも電子書籍専用端末のKindle。ひとつはKindleの最上位機種「Kindle Voyage」、もうひとつは「Kindle」。最上位機種のKindle Voyageといっしょに発表されましたが、まったく注目されていない最下位の端末まで持っています。

image

なぜ最下位機種のKindleが注目されないのかといいますと、「Kindle Paperwhite」という、今までのKindleを支えてきた機種より性能が劣る端末だからです。Kindleを購入する人は、相当の物好きでしょう。まず読書が好きじゃないと、わざわざKindleを買いません。さらに今時モノクロという端末。どう考えても、一般の人が購入する要素がありません。そういった特殊な端末だからこそ、6,980円という衝撃の価格で発売されても、話題にならないのでしょう。

僕も6,980円では、一番安いKindleを買ってはいませんでした。なぜ今更一番安いKindleを購入したのかといいますと、Kindleプライム会員向けに、3,000円引きの3,980円で販売していたからです。

3,980円ですよ?!この値段だったら、中身を確認せずに買っておいても問題ありません。今思えば、とりあえず買っておいて本当に良かったと思います。なぜKindle Voyageより、一番安いKindleがオススメなのか説明します。

ケースを付けなくていい

一番良いのは、ケースを付けなくてもよいということです。ケースを付けなくても傷が付かないほど頑丈という訳ではありません。

image

このようにたくさん傷が付いております。ケースを付けなくてもいいというのは、購入価格が安かったため、傷が付いたり、壊れることを恐れることなく使うことができるという意味です。

ケースを付けないおかげで、とても端末が軽い。2万オーバーのKindle Voyageは、しっかりとケースを付けています。

image

この純正のケース、ケースを折りたたむことでスタンドになるという、とても便利なAmazon純正ケース。しかし、折りたたむために使われているのが磁石ということもあり、かなりKindle Voyageが重くなります。Kindleシリーズでも最軽量のKindle Voyageですが、このケースを付けてしまうと、せっかくの軽さも失われてしまいます。だからといって、傷が付くのが怖いため、ケースを取ることもできません(男らしくなくてすいません)。

値段が高すぎるが故に使うことに気を使うKindle Voyageに対して、あまりに安いため、使うことに気を使わないKindle。一番安いKindleには、ノンストレスな使用感があります。

思ったより画面が粗くない

Kindle VoyageとKindleの違いのひとつに、画面の精細さというものがあります。たしかにKindle Voyageの画面は綺麗です。漢字など細かい文字が多い日本の本には、この細かい画面の恩恵を授かることが出来ます。

しかし、Kindle Voyageより粗いと言われるKindleの画面ですが、僕が使っている限りでは思ったより粗くありません。

image image

たしかに、2つ並べて比べると画面の違いを感じます。しかし、普通に読書をしている限りでは、文字が粗くて読みにくいということはありません。ちょうど読書をするときのKindleと自分の顔の距離的に、文字の大きさが下から3番目になります。下から2番目ですと、少し文字が小さく、普通に読書するには読みにくく感じます。下から2番目の文字サイズにすると、画面の解像度の問題で、 さすがに一番安いKindleでは文字が読みにくくなります。しかし、端末と顔の距離感の問題から、最適な文字のサイズが下から三番目になります。結果的に、一番安いKindleの画面の解像度でも問題ないということになります。

バッテリーがもつ

Kindleの長所のひとつが、バッテリーがもつということです。電子ペーパーを使っているKindleは、スマートフォンとは比べものにならないほどバッテリーがもちます。バッテリーがもつという感動は、Kindleを使った人にしか分からないでしょう。

一番安いKindleを1ヶ月ほど使った後に、届いたKindle Voyage。いつものように読書をしていたのですが、一番安いKindleより、バッテリーが早く減るのです。

Kindle Voyageは、暗いところでも読書ができるように、バックライトが付いています。真っ暗なところじゃなくてもバックライトが点灯します。そのせいで、Kindleより、Kindle Voyageのほうが、早くバッテリーがなくなります。バッテリーの減りが早いといっても、3日間ぐらいは充電しなくても問題はありませんが、1週間ぐらいバッテリーがもつ、一番安いKindleと比べると、ややバッテリーのもちとういう点では劣ります。

バックライトをオフにすることで、バッテリーのもちが改善されます。やはり、明かりが付いたりするとういことは、その分電気を使うということです。必ずしも機能が良いほうがいいという訳ではないと気付かされました。

ほとんどの人は一番安いKindleで充分かも

結局どちらのKindleを購入したらいいのでしょうか。2つ使ってみた上で判断しますと、一番安いKindleで充分だと思います。バックライトがないことと、画面の解像度がやや粗いということ以外、Kindle Voyageとの大きな違いはありません。本体の質感は、Kindle Voyageに大幅に劣りますが、そのおかげで値段も安く、傷を付けるのも気にならない使い方ができます。チープで安っぽいことが、一番安いKindleの最大の長所です。読書をする分には、Kindle VoyageやKindle Paperwhiteと何ら変わりはありません。

購入しやすい価格ですし、クリスマスプレゼントにも良いかもしれませんね。


今なら在庫ありで、即納可能です。最上位機種のKindle Voyageは、納期が約1ヶ月となっています。この際、一番安いKindleを購入しておいて、最上位機種のKindle Voyageが届くのを待つのもありかもしれません。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly