今日の僕「久しぶりにBluetoothキーボードを使ってみた」

スポンサーリンク

外部キーボード使用時のAndroidの文字入力システムがなかなか優秀なため、キーボードを使って文字を打つことが多い日々です。昔はBluetoothキーボードを使って文字を打っていましたが、チャタリングがよく起きるため、普通のUSBキーボードに変更しました。

用語解説:チャタリング
キーボードで文字を打っているときに、突然同じキーを打ち続けること。「あああああああああ」みたいに文字を突然打ち始める。Bluetoothキーボードで起きる場合は、他
の電波と混信していると思われる。

チャタリングは確かに起きなくなりましたが、打鍵感がBluetoothキーボードより悪いため、打っていてあまり気持ちよくありません。

たまにはBluetoothキーボードで文字を打ってみようと、今日は「K810」というLogicoolのキーボードを使っています。今のところチャタリングはなく、非常に快適な文字入力ができております。

LOGICOOL Bluetooth イルミネートキーボード K810

BluetoothとUSB両方で接続できるものがほしい

一番理想なのは、BluetoothとUSB両方で接続できるキーボードです。基本はBluetooth接続で使い、チャタリングが頻繁におきるときは、USB接続に変更できるキーボードが理想です。しかし、市場にある大半のBluetoothキーボードは、Bluetooth接続か、USB接続どちらかしかできないキーボードばかりです。

FILCO Majestouch2 108フルキー茶軸日本語配列 USB&PS2両対応 Nキーロールオーバー対応 独Cherry茶軸採用メカニカルキーボード ブラック FKBN108M/JB2

しかし、ひとつだけ両対応のキーボードを持っていたことがあります。FILCOの「FKBN108M/JB2」というキーボードです。高級キーボード有名なFILCOですが、時代に合わせてBluetoothキーボードも発売しております。このBluetoothキーボードがなかなか優秀で、USBでも接続することができるのです。

両対応のキーボードがすでにあるわけですから、他のメーカーも、BluetoothとUSBの両方に対応したキーボードを出せるはずです。

そこそこ軽量で、しっかりした打鍵感があり、BluetoothとUSB接続の2つに対応したキーボードがあれば、かなり売れるように思うのは僕だけでしょうか。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly