ASUS Eeebook X205TAの使い方4「動画データ変換編」

スポンサーリンク

昨日は「音楽の取り込み方編」という記事を書き、ASUS Eeebook X205TAでCDの曲を変換するとどれぐらい時間がかかるか実験しました。実験した結果、CDから曲を取り込むのには、Macbook Proと遜色ないという結果が出ました。

本日は、本体性能によって時間が左右されるであろう、動画の変換時間について実験します。

1時間30分のiSOファイルをMPEG-4(H.264)に

1時間30分のiSOファイルを(4.06GB)、MPEG-4(H.264)に変換しました。使ったソフトはHandbreakです。画質は元のデータをほぼそのままで変換する、High Profileにしました。

IMG_3062

変換ボタンを押してしばらく経っても、なかなかウインドウ下のバーが動いていかない時点で、相当時間がかかるのは覚悟しました。
変換にかかった時間は、3時間7秒でした。元の動画データの倍の時間かかったことになります。

次に同じiSOファイルを、13インチMacbook Pro Retinaディスプレイモデルで、MPEG-4(H.264)に変換しました。

IMG_3064

変換にかかった時間は、42分57秒でした。元の動画データ約半分の時間で変換することができました。

時間はかかるができなくはない

MPEG-4(H.264)に変換するという作業は、かなりパソコンに負荷がかかります。そのため、パソコンの性能差がはっきりと出ることになります。3万のノートパソコンASUS Eeebook X205TAには厳しい結果になりましたが、元データの倍ぐらいの時間でMPEG-4(H.264)に変換できるのなら、まったく使えないということはありません。動画変換中に動作が重くなり、ブラウザーでWebページが見れないということもありませんでした。

動画変換中に、ネットをしたり文章作成をするのに問題はありません。値段から考えると、充分な性能じゃないでしょうか。

ASUS Eeebook X205TAでの動画変換は、かなり時間はかかるが、まずまず使えるという結果になりました。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly