レノボがThinkPad X1 CarbonとThinkPad X250というモバイルノートPCを発表

スポンサーリンク

2015年はノートパソコンの年です。年明けからインテルの「Broadwell」を搭載したノートパソコンが続々と登場し、さらに2015年末には、「Skylake」という次のプラットフォームも登場よていだからだ。ただし、「Broadwell」のリリースが遅れたように、「Skylake」もリリースが遅れて、2016年初頭からの登場になるのではないかと思う。

本来なら2014年夏には登場するはずだった「Broadwell」搭載ノートパソコンが、やっと2015年に登場することになる。空白の1年と言ってもいい2014年になってしまったが、2015年は年明けからワクワクするようなノートパソコンが登場してくるはずだ。

ThinkPad X1 CarbonとThinkPad X250がモバイルノートパソコン

早速レノボが、多数のノートパソコンを発表。ほぼすべてのモデルが、第5世代Coreプロセッサーに変更されているところからみても、いよいよ「Broadwell」搭載ノートパソコンが続々と登場するのは間違いないだろう。

たくさん発表しすぎて、どれに注目していいか目移りしてしまうが、モバイル命の僕的には「ThinkPad X1 Carbon」と「ThinkPad X250」の2つに注目したい。

週アスPlus ThinkPad X1 Carbon紹介記事

ThinkPad X1 Carbonは、14インチで1.31キロという重さを実現したノートパソコン。液晶解像度は2560×1440ピクセル、バッテリー駆動時間10.9時間、ストレージ容量は512GBのSSD(PCI Express接続なのでより高速)と、性能面ではまったく不満のない仕様になっている。この性能と14インチの液晶を搭載して1.31キロに仕上げたのは褒めるべきだろう。しかし、1キロを下回ることで、ノートパソコンの未来が変わると信じて疑わない僕は、1.31キロという重さの時点で購入の選択外になってしまう。ただし、大き目の液晶を搭載したノートパソコンを1.31キロで作ったということで、ノートパソコンの新しい形は提案できていると思う。

PC Watch ThinkPad X250紹介記事

個人的に一番注目なのが「ThinkPad X250」だ。「Broadwell」を搭載して12型の液晶ということで、本体重量に注目がいくところだが、残念ながら1.3キロとのこと。14型で1.31キロを実現しているのなら、12型の液晶を搭載する「ThinkPad X250」は、980g辺りを目指してほしかったというのが本音だ。性能面ではまったく不満がないので、重さだけが残念でならない。

「ThinkPad X1 Carbon」が買い

今年はChromebookも14型液晶を搭載したノートパソコンが多数登場するようなので、大き目の液晶のノートパソコンというのが、ひとつのトレンドになるかもしれない。14型液晶で1.31キロを実現した「ThinkPad X1 Carbon」は、モバイルノートパソコンの新しい形のひとつかもしれない。年配の方で、大き目の液晶で軽いノートパソコンが欲しいという方には、間違いなくお勧めノートパソコンだろう。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly