デルがMacbook Pro Retina対抗「XPS 13 Graphic Pro」を国内でも発売 決定

スポンサーリンク

アメリカで開催されているCES 2015。微妙感漂うノートパソコンばかり発売される中、dellが素晴らしいノートパソコンを発表してくれました。

PC Watch記事:Dell、11型級筐体で13.3型液晶を搭載した15時間駆動の「XPS 13」

「XPS 13 Graphic Pro」は13.3型の液晶ノートパソコンですが、液晶部分をギリギリまで狭くすることで、11型液晶クラスの本体サイズで、13インチ液晶を搭載することを実現しています。パッと見た瞬間にワクワクしました。これこそテクノロジーのいい進化です。さらに液晶の解像度は3,200×1,800ドットという超高精細液晶。これだけの高精細液晶を搭載しながら、バッテリー持続時間は12時間となっています。さらに「XPS 13 Graphic Pro」のすごい点は、これだけの性能を有しながら、1.18kgという本体重量になっています。本当は1kgを切って欲しいところですが、これだけの性能で1.18kgなら仕方がありません。

日本でも発売決定

これだけ魅力的なノートパソコンが、いつ日本でも発売されるのかと思っていたところ、早くも日本での発売が決まりました。

PC Watch記事:デル、13.3型で11型級筐体の「XPS 13 Graphic Pro」を国内でも発売

日本で発売してくれるだけでも嬉しいところですが、販売価格を見てさらに嬉しくなりました。

Core i7モデルが139,980円、Core i5モデルが119,980円とのこと(価格は税別)。

完全にMacbook Pro 13インチRetinaに対抗しています。ただ、記事を読んで気になったのは、日本で発売する「XPS 13 Graphic Pro」は、液晶の解像度が1,920×1,080ドットとなっている点。1,920×1,080ドットでも充分すぎる解像度ですが、せっかくなら3,200×1,800ドットのモデルも用意して頂き、2,560 x 1,600ピクセルのMacbook Pro 13インチRetinaを上回る世界を見せてほしいところです。

dellが13インチの新世代ノートパソコンを発表したことで見えてきたこともあります。これからのノートパソコンの基準は、13インチのノートパソコンは1.2kg前後、11インチのノートパソコンは1kg以下。これからのノートパソコンの重さは、これが基準になってくるでしょう。軽いモバイルパソコンがほしい方は、11インチの1kgを切るノートパソコンを使い、ハイスペックなノートパソコンを使いたい方は、13インチで1.2kgぐらいのノートパソコンを使うというようになるでしょう。

Appleがもたもたしている間に、他社から続々と面白いノートパソコンの発表が続きます。しばらくは、新型ノートパソコンの動向から目が離せません。

IT Media User記事:実機で見る! 5.2ミリの狭額縁ディスプレイ搭載「XPS 13」

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly