レッツノートに「linuxBeanを入れてみた編」

スポンサーリンク

Mac OSがYosemiteになってから、あまりに使っていてストレスが溜まるため、Chrome OSやLinuxなど、他のOSが気になり出しました。本体重量が軽いため、ASUS EeeBook X205TAを使うことが多くなりました。ASUS EeeBook X205TAのOSは悪評名高いWindows8.1ですが、とても優秀なOSだと使っていて気付きました。中古で購入したレッツノートにChrome OSをインストールして使っていますが、動作も軽快でなかなか良く出来たOSです。

あと気になるのはLinux系のOSです。昔から存在は知っていましたが、Mac OSに不満がなかったため、無理をして使う必要性がありませんでした。しかし、MacのOSが年々醜い状況になってきた今、LinuxというOSを試さざるを得ません。

linux Beanを入れてみた

まずは、MacBook Pro Retina13インチモデルにVM WARE FUSION7という仮想化ソフトを使って、ubuntu(ウブントゥ)をインストールしてみました。

ubuntuとは、コミュニティーにより無償で開発されているOSです。Chrome OSとは違い、比較的WindowsやMacに近い操作感で使えますし、何よりファイルのやり取りも自由にできます。先日レッツノートにインストールしたChrome OSは、Chromnium OSと呼ばれるもので、Flashが使えなかったり、音楽ファイルや動画ファイルを再生することができないというものでした。文字を打つだけなら何も問題ありませんが、多少のファイルのやり取りや、音楽ファイルや動画ファイルの再生もしたいというのが本音です。そこでLinux系のubuntuを使ってみることにしたのです。

VM WARE FUSION7を使ってMacに入れてみたところ、まったく動作に問題がないのが確認できました。日本語の文字を打つのに一苦労しましたが、色々設定を弄っていけば、MacやWindowsと遜色なく使えるのが分かりました。これならLinuxでも問題なく使えることが分かったので、レッツノートCF-T8にインストールしてみることにしました。

しかし、ubuntuはやや重いという噂もあります。そこそこの本体性能がないと、動作がやや重いようです。レッツノートCF-T8はCore2Duo、メモリー2GBというスペック。この性能では、少々使い勝手が悪くなるかもしれません。そのため、ubuntuではなく、より軽量に作られたLinuxの、linuxBeanというOSを入れることにしました。

linuxBeanはubuntuと同じLinuxですが、「軽くて速くて即使える」ことを目標に作られた、ubuntu派生のLinuxディストリビューションとのこと。軽くて早くてというところに、強烈に惹かれてインストールしましたが、結果的には大正解でした。

linuxBeanのインストール方法。

linuxBeanのインストール方法は、上記のページなどを参考にしてください。USBメモリーに書き込むことができれば、なんとかインストールできるでしょう。最初はUSBメモリー上でlinuxBeanを試すことができます。USB上で試しますので、やや動作が遅くなりますが、自分のパソコンで使えるかの判断はできるでしょう。とくに問題がなさそうだったら、パソコンのストレージ内にインストールしましょう。現在使っているOSを残したまま、linuxBeanをインストールすることができます。慣れ親しんだ環境(Windows)を残したまま、linuxBeanというOSも入れることができる訳です。

こんな簡単にWindowsやMacのようなOSを使うことできていいのだろうかと思いながら、レッツノートCF-T8にインストールしました。OSのインストール終了後、ビックリすることが始まりました。インストールが終わると、みんなが必要と思われるソフトをインストールするか聞いてきたのです(チェックマークを外して自分で選べます)。どんなソフトを薦めてきたのか見てみると、これはいるでしょ!というソフトウェアばかり。WindowsやMacなら、自分でソフトをインストールしていかないといけないのに、使い慣れないOSがいきなり必要と思われるものを提案してくることに驚かざるを得ませんでした。

ソフトのデータをダウンロードしたりするので、30分から1時間ぐらいはかかったでしょうか。すべての設定が終わると、とても無料のOSとは思えない、サクサクでとても使いやすい環境が完成してしまいました。

使ってみた印象として、Chromnium OSよりも軽い印象です。ただ軽いだけではなく、Chromnium OSのような制限はありません。パソコンでしたいと思うことが全部できます。何より素晴らしいのは、サクサク動くということです。Chromnium OSを入れた時も、軽くなったなぁと思いましたが、linuxBeanはChromnium OS以上に軽いです。ネットも快適に見ることができますし、Flashを使ったサイトも問題なく見ることができます。さらには、音楽ファイルや動画ファイルの再生もまったく問題ありません。

ここまでよく出来ているとは思ってもいませんでした。明らかにYosemiteより完成度が高いと言わざるを得ません。フォントなども綺麗ですし、Windowsよりもいいと思います。何より素晴らしいのが、パソコンを使う上で必要になると思われるソフトをOSが薦めてくるという、超ユーザーフレンドリーな仕組みになっています。無駄な機能を後付けして、OSの本来の役割を見失っているアップルこそ、このlinuxBeanを見習わないといけないでしょう。

いやー本当に素晴らしい。linuxBeanを知ってしまった今、WindowsやMacって何だったんだろうかと思います。無料のOSのほうが完成度が高いのですから。このブログの投稿は、linuxBeanでChromeを使って書いています。ブラウザーから編集画面を出して書いている訳ですが、WindowsやMacでブラウザーから書いているとき以上にサクサクと文字を打ち込んでいけます。

Screenshot - 2015年01月17日 - 19時44分44秒

もし手元に使っていないパソコンがあるのなら、騙されたと思って、「linuxBean」をインストールしてほしいと思います。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly