まずまず売れると思う「AQUOS K SHF31」

スポンサーリンク

以前から噂になっていたガラホこと、「AQUOS K SHF31」が登場しました。ベースのOSはAndroid OSを使っていますが、外見も中身もガラケーです。ただし、今までのガラケーに、スマートフォンっぽい機能もミックスさせた新しい端末になっているようです。

デザインはダメ

もう独自のスマートフォンを出しても、ほとんど勝ち目がない状況です。こうなってくると、あれほどバカにされていたガラケーが新しく見えてきます。依然として変わらず大きなシェアを占めているガラケーユーザー向けに新しいガラケーを提案するのは当然の選択です。

ここ数年発売されていたガラケーの新モデルは、従来のガラケーを焼き直ししただけで、まったく目新しい部分がありませんでした。しかし「AQUOS K SHF31」は、新しく開発したガラケーです。新しく作るといっても、予算や人の制限が多いのかもしれませんが、デザイン的にもう少し新しい提案はできなかったのでしょうか。

NewImage

これではまったく目新しさがありません。中身はAndroidを使って、手早く作ったとしか思えません。最低でもデザインに目新しさが必要じゃないでしょうか。従来のガラケーの延長線上のデザインではなく、まったく新しいガラケーのデザインにすれば、新しいガラケーの形を作れたように思うのですが、、、新しいガラケーユーザーを作るというより、既存のガラケーユーザー向けに作ったのかもしれません。

新しいインターフェイスも搭載

「AQUOS K SHF31」向けにアプリを改修して対応させるよう。なぜ改修する必要があるのでしょうか。操作形態がスマートフォンとは違うからです。「タッチクルーザーEX」と呼ばれるインターフェイスが搭載されています。パッと見ると、ただの十字キーと決定ボタンのように見えますが、静電センサーが搭載されており、この部分をタッチパッドのように使うことができるようです。タッチパッドとして使うのではなく、Think Padのポインティング・スティックのようにしたほうが良かったように思います。

この「タッチクルーザーEX」の使い勝手次第で、「AQUOS K SHF31」の評価が決まってくるように思います。

PS:どうやら十字キー部分だけではなく、テンキー部分もタッチパッドのようになっているようです。見た目はガラケーですが、なかなか面白いインターフェイスになっています。

LINEも対応予定

必要と思われるアプリを「タッチクルーザーEX」に対応させる作業をしているようですが、あのLINEも対応予定です。ガラケーユーザーは、通話だけではなく、メールなどのメッセージサービスを使う方が多いと思います。今やメールの代わりとなってしまったLINEが使えるようになれば、無理をしてスマートフォンに乗り換える必要もありません。しっかりとLINEに対応すれば、まずまず「AQUOS K SHF31」は売れるでしょう。

目新しいところがないのが最大の魅力か

「AQUOS K SHF31」は、目新しいところがありません。しかし、それが「AQUOS K SHF31」最大の魅力かもしれません。あまりに変わってしまった携帯電話のスマートフォンに付いていけないため、そのままガラケーを使っています。使っているガラケーと変わらず同じように使えることこそが、一番ガラケーユーザーの求めているものかもしれません。だからこそ、目新しくないガラホをauが作ったのではないでしょうか。

ただ、個人的にはまったく新しいガラケーを作ることで、スマートフォンでもガラケーでもない、ガラホというものが見たかったというのが本音ではあります。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly