Nexus5のバッテリーを交換(難易度★★★☆☆)

スポンサーリンク

購入してから1年と3ヶ月ほど経ったNexus5。バッテリーがヘタってきたのか、みるみるとバッテリーが減るようになりました(使い方にもよりますが、1年も使えば、それなりにバッテリーはヘタっています。)Androidスマートフォンですが、docomo、au、SoftBankのような、携帯電話キャリアで購入した訳ではないため、バッテリーの交換を頼むわけにもいきません。iPhoneのように、街にバッテリー交換屋さんもありません。ネットで調べてみたところ、バッテリーを交換しやすい端末だというのが分かりましたので、自分でバッテリー交換をすることにしました。

thumb_DSC04078_1024

Nexus5のバッテリーを交換するのに必要な物

Nexus5のバッテリーを交換するのに必要な物は以下の通りです。

◯バッテリー

Nexus5のバッテリーです。これがないと始まりません。

◯Y型ドライバー

見慣れないドライバーですが、このドライバーがないとネジ穴が合いません。

◯ケースオープナー

これを使って、背面のカバーや、バッテリーを剥がしていきます。

この3つがあれば、Nexus5のバッテリーを交換することができます。

Nexus5のバッテリー交換方法


YouTubeに、Nexus5のバッテリー交換動画があります。こちらをよく見て手順を覚えてから行ってください。見ると分かりますが、比較的簡単にバッテリーを交換することができます。

  1. ケースオープナーで裏のカバーを開けていく
  2. Y型ドライバーで上部カバーのネジを外す(6本)。
  3. コネクターを外す(2箇所)
  4. バッテリーを剥がす
  5. 新しいバッテリーを付ける
  6. コネクターを付ける(2箇所)
  7. ネジを止める(Y型6本)
  8. 裏蓋を付ける

以上で完成です。作りが複雑じゃないため、簡単にバッテリーを交換することができます。

thumb_DSC04079_1024 2 thumb_DSC04076_1024 2

Nexus5のバッテリーを交換するときの注意点

注意点としましては、裏蓋の下部と、バッテリーが両面テープで止めてあるということです。とくにバッテリーは、しっかりとテープで止められています。テープからバッテリーを剥がすのに、ケースオープナーを使います。なかなか剥がれないと思いますが、一度剥がすと、コツが分かります。無理矢理押し込むというよりは、丁寧に押し込んで、ポイントポイントでグイッと入れ込む感じです。無理に力を入れると、破損する恐れがあります。慎重に作業を進めましょう。

一度やってみると、やり方のコツが掴めると思います。せっかくやり方のコツを掴んでも、もう交換することがないため、それが役に立たないことが多い訳ですが、、、来年の今頃再度バッテリー交換をするのか、それとも新しいスマートフォンを購入しているのか。Nexus5の性能が足りないという感じはまだまだしないので、もしかしたら再度バッテリー交換をしているかもしれません。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly