ASUS MeMo Pad7に春らしい新色が追加

スポンサーリンク

「Google Play Music」が使えるようになったおかげで、ますます離せなくなった「ASUS Eeebook X205TA」。もうmicro SDカードに曲を入れなくても、インターネットが繋がる環境さえあれば、自分が所有している曲が聴き放題なのです。「Google Play Music」が素晴らしいのは、端末を問わないということ。iPhone(日本ではアプリがリリースされていません)でもAndroidでもWindowsでもLinuxでも使うことができます。インターネットに繋がれば、どんな端末でも使うことができます。

Appleにも同じようなサービスがあります。iTunes Matchというクラウドサービスです。しかし、iTunes Matchは、Androidでは使うことができません。AndroidにはiTunesというソフトがないからです。AppleがAndroidでもiTunesをリリースすれば使えるようになるかもしれませんが、その可能性は低いでしょう。どちらにしても、Appleのサービスは、基本的にはApple製品を持っていないと使えませんが、Googleのサービスは、端末を問いません。少数派だとは思いますが、スマートフォン、パソコンなどを複数台持っている方は、Googleのサービスを利用したほうが、圧倒的に使い勝手が良くなります。

Androidタブレットを持っていなかった

たくさんデジタルガジェットを持っていますが、ひとつだけ持っていないものがありました。それは、Androidタブレットです。以前Nexus7(2012)を所有していましたが、Androidアプリがタブレット用にあまり最適化されていないため、すぐに手放してしまいました。あれから時間も経ち、ぼちぼちAndroidタブレットに最適化されているアプリも出てきています。まだまだiPadのアプリ数には及びませんが、普通に使う分には困ることはないでしょう。何より「Google Play Music」のおかげで、Androidタブレットを買ったらすぐ、大量の音楽を聞くことができるわけですから。

ASUSのタブレットに新色が登場

そんなことを考えているときに、ASUSのタブレットに新色が登場というニュースが飛び込んできました。
今では珍しいサイズになってしまった、7インチタブレット「ASUS MeMO Pad7(ME572CL/C)」に、「ホットピンク」が追加になります。このピンクというのは、明らかに日本市場向けのカラーでしょう。今週はASUSの発表会が日本でありますし、ASUSが日本市場に力を入れているのは嬉しい限りです。

ASUS MeMO Pad 7」は、少し前に発売されたAndroidタブレットですが、性能的にはまったく不満のないタブレットです。液晶の解像度は1920×1200と高解像度ですし、一台持っておけば便利に使えるタブレットでしょう。SIMカードが挿せるモデルでも、3万円前後という価格が嬉しいところです。

格安SIMカードもたくさん発売されていますし、どうせタブレットを購入するのなら、SIMカードを挿せるモデルを購入しておくのがいいでしょう。例えば、iPhone6に挿さっているSIMカードを「ASUS MeMO Pad7」のようなタブレットに挿して、iPhone6を売ってしまうのもいいかもしれません。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly