Xperia J1が最強のAndroidスマートフォンになるかも

スポンサーリンク

かねてから噂のありましたが、MVNO向けのXperiaが発表されました。端末名は「Xperia J1」になります。ベースとなっている機種は、docomoから発売されていました「Xperia A2」になります。今回の発表で一番驚いたのは、おサイフケータイ機能が付いているということです。

MVNO向けのスマートフォンは、大手キャリアが発売するスマートフォンとは違い、基本的にはおサイフケータイが付いていない機種ばかり。まさかMVNO向けのXperiaに、おサイフケータイ機能が付いてくるとは思いませんでした。今のところ使えるおサイフケータイは、「WAON」「楽天Edy」の2つ。順次対応サービスは追加予定とのことですが、Suicaが使えるようになるのかならないのか。Suicaが使えなければ、おサイフケータイとしての存在意味が薄れてしまうので、是非とも対応してほしいところです。

これこそ理想のスマートフォン

「Xperia J1」の性能だけを見ると、至って普通のAndroidスマートフォンです。至って普通ではありますが、まったく不足のない性能でもあります。必要十分な性能に、防水におサイフケータイが付いています。さらに嬉しいのが、あまり大きくない本体サイズです。どんどんスマートフォンが大型化してしまい、おサイフケータイが搭載されているAndroidスマートフォンも、ポケットには入らないぐらい大きい機種ばかりになってきました。「Xperia J1」と同じサイズのスマートフォンなら、すでにdocomoから「Xperia Z3 Compact」や「Xperia A2」が発売されています。今更「Xperia J1」が発売されても、意味がないように思いますが、「Xperia J1」という機種が発売されることには大事な意味があるのです。

それは、docomoなどの大手キャリアから発売されるスマートフォンではないため、素のAndroidに近い機種だからです。docomo、au、SoftBankでXperiaを購入すると、誰が使っているのか分からないプリインストールアプリが山ほど入っています。困ったことに、このプリインストールアプリは消すことができないものばかり。ただアプリが入っているだけならいいのですが、逐一通知で何かを教えてくれたり、使ってもいないのにバックグラウンドで動いて端末に負荷をかけてくれます。いらないお節介ばかりで、まったく役に立ちません。どうやったら多数の無駄なアプリを消せるか悪戦苦闘する必要のない最強のAndroidスマートフォンが、「Xperia J1」になります。

ますます「VAIO Phone」の立場がなくなってしまうのが気になるところではありますが、「Xperia J1」が、SIMフリースマートフォンで一番注目を浴びる可能性が出てきました。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly