レビュー「OTG MicroUSB対応 充電ポート付 4ポートUSBハブ DN-12851」充電しながらUSBが使える

スポンサーリンク

スマートフォンとキーボードを使ってブログを書いたりするときに気になるのが、スマートフォンのバッテリーです。ずーっと文章を書いているとういことは、ずーっと画面が付いているとうことです。スマートフォンのバッテリーが減る1番の原因は、画面が付いていることです。あれだけ高精細な画像を表示し、常にバックライトが付いていたら、バッテリーが減っていくのも当然です。

Bluetoothキーボードを使う場合は、スマートフォンに付いているmicro USB端子を使わないため、充電しながら文章を書くことができます。しかし、有線のキーボードを接続してしまうと、micro USB端子が塞がってしまいます。micro USB端子を塞いでしまうと、充電をすることができません。こういったときのために、もう一つmicro USB端子を付けてくれればいいのにと思う訳ですが、、、スマートフォンを充電しながら、USB端子を拡張できるハブがあるのです。

【上海道場2段】 OTG MicroUSB対応 充電ポート付 4ポートUSBハブ DN-12851

最近、この手の商品がちょこちょこ紹介されていますが、かなり人気ですぐに在庫がなくなってしまいます。なかなか購入できずにいましたが、上海問屋さんが販売しているUSBハブは在庫が豊富なのか、あっさりと購入することができました。

Nexus5はスイッチ1

20150322_184528_HDR

この商品ですが、すべてのスマートフォンで使える訳ではありません。さらに、スイッチが3つあり、スマートフォンによって、適合するスイッチが違うようです。このスイッチが内部的に何を切り替えているのかは分かりませんが、自分の持っているスマートフォンで使えるかどうかは、1つずつスイッチを切り替えながら確認していかないといけません。

商品説明をしているだけで、とても万人に進められるような製品ではないことに気付いてしまいますが、充電できなかったとしても、USBハブとしては使えます。とりあえずひとつ持っておくと良いのではないでしょうか。

20150322_184618_HDR

僕が確認できたのは、Nexus5はスイッチ1だということです。2と3では、USB接続したマウスが反応しませんでした。しかし、スイッチ1にすると、USB接続したマウスも反応しますし、しっかりと充電されていました。

20分間で19%ほど充電されていました。至って普通の充電速度です。おそらく1Aで充電されていると思われます。

Android、Windowsタブレットユーザーに

iPhone、iPadユーザーは使うことが出来ません。Android、Windowsタブレットを使っている方は、OSやハード的に拡張性があるため、「【上海道場2段】 OTG MicroUSB対応 充電ポート付 4ポートUSBハブ DN-12851」を持っておくといいのではないでしょうか。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly