ハワイでいつものように過ごそう「プリペイドSIM Ready SIM 」の使い方

スポンサーリンク

ハワイにいます。海外旅行に行くと必ず会話になるのが、スマートフォンのインターネットへの繋ぎ方です。「高いお金請求されない?」「Wi-Fiにどうやって繋ぐの?」だいたいこの2つが多いように思います。この問題の原因は、日本人が使っているスマートフォンが、SIMロックが掛かっているスマートフォンばかりというのが原因だと思います。SIMロックが掛かっているせいで、海外にスマートフォンを持っていっても、いつものように使うことができません。現地でSIMカードを購入して、自分のスマートフォンに挿しても、そのSIMカードのキャリアでは通信をすることができません。なぜなら、契約したキャリア(docomo、au、SoftBank)以外のSIMカードでは通信できないようになっているからです。SIMロックが掛かっているスマートフォンの場合、ローミングをして使うという方法もあります。現地のキャリアの回線をかりて通信する訳ですが、料金が高すぎるので、一般の方には勧めにくいところです。やはりSIMロックの掛かっていないスマートフォンを購入し、それを日本にいる時から使いこなし、海外にいったら、そのSIMを挿すのが1番でしょう。慣れるまでは不安も多いかもしれませんが、一度経験してみれば、意外に簡単だと実感できるはずです。

ハワイに行くならREADY プリペイド SIMがオススメ

20150402_160113_HDR

現地でSIMカードを購入するより、できることなら日本で予めSIMカードを入手しておきたいところです。ハワイに行かれる方は、日本のAmazonで購入できる(販売社はAmazonではありません)「Ready プリペイド SIM 」がオススメです。注文すると1週間以内には自宅に届くと思います。僕の場合は、注文してから3日後には届いていました。これを予め購入しておきましょう。現地で購入するのもいいとは思いますが、日本で購入しておいたほうが安心です。

あとは、SIMロックの掛かっていないスマートフォンを入手しましょう。僕はNexus5を使っていますが、ASUSのZenfon5でも充分だと思います。どちらにしても、約4万ぐらいあれば購入できます。どうしてもiPhoneじゃないと嫌だという方は、Apple StoreでSIMフリーのiPhoneを購入してください。ただし、値段は倍ぐらいしますが、、、

値段は張りますが、使い慣れたiPhoneのほうがいい方も多いと思うので、この際購入しておくのもいいでしょう。

READY SIMの設定

ただSIMカードを挿しただけでは通信しない端末もあります。僕が使っているNexus5も、予めAPNの設定をしておきましたが、READY SIMと表示して認識されているので、すでにREADY SIM用のAPNが入っているようです。いちおう設定法方法を記載しておきます。

      設定
      もっと見る
      モバイルネットワーク
      アクセスポイント名
      右上の+をタッチしてアクセスポイント(APN)を追加
      APNをroomに(もしくはwhole)
      MCCを310
      MNCを260

以上で通信できるはずです。
日本にいるときに、予めAPNの設定をしておき、現地に到着したらREADY SIMカードを挿して、電源を入れましょう。そうすれば使えるようになるはずです。

ホノルル空港に到着してすぐにスマートフォンを使いたくなりますが、しばらく我慢しましょう。どうも電波の入りが悪いため、なかなかアクティベーションすることができません。入国審査が終わってから、電波の入りが良さそうな場所で電源を付けましょう。電波の入りが悪いところで無理に通信をすると、スマートフォンの電池がみるみるなくなっていきます。バッテリーがあることが命綱のようなところがありますので、無駄なバッテリーは使わないようにしましょう。

容量は2GBがオススメ

少々値段張りますが、2GBのSIMカードを購入しておくといいでしょう。500MBでも足りるかもしれませんが、かなりGoogle Mapsを多用することになりますので、容量は多すぎるくらいでいいと思います。安心を買う意味でも、多めの容量を買っておきましょう。

海外だと街でスマートフォンを使っている日本人がいない

日本では電車の中でも、街でもほぼすべての人がスマートフォンを触っています。あれだけ使っているのに、海外に来ると、ほとんどの人がスマートフォンを使っていません。海外では使えない状況になっているから、使っていないということでしょう。見知らぬ土地に行ったときこそ、スマートフォンの有り難さを感じます。地図が使えるだけでも、スマートフォンを持っている意味があります。今いる場所や道が分からないと、どうしても行動範囲が狭くなります。ありきたりの観光地に行くだけの旅行ではなく、自分にしかできない旅行をするためにも、SIMロックの掛かっていないスマートフォンを手にとって欲しいと思います。

Wi-Fiを使って通信する場合、ホテルやカフェのWi-Fiを使うことになります。この方法ですと、その場所でしか通信をすることができないため、せっかくのスマートフォンを活かすことができません。電波が来なければ話になりませんが、いつでもスマートフォンで調べ物ができれば、間違いなく行動範囲が大きくなるでしょう。SIMロックの掛かっていないスマートフォンとREADY SIMカードで、素敵なハワイの旅を過ごしてください。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly