レビュー「OS X Yosemite10.10.3」ついにMacらしいOSに。

スポンサーリンク

ついにリリースされました「OS X Yosemite10.10.3」とにかく不満の多いMacの最新OS「Yosemite」。前回のバージョンアップ10.10.2でだいぶ改善されましたが、それでもまだまだしっくりこない部分が多い印象でした。どうせ10.10.3でも改善されていないのだろうと思っていましたが、やっとMacらしいOSになったように感じました。

Macらしいスムーズ感

スクリーンショット 2015 04 09 14 36 56

Yosemiteになって何が不満かと言えば、Macらしいスムーズな操作感が失われていたということです。何をするにしても、カクつくことが多く、とにかくストレスが溜まる状況でした。Missison Controlをして、Dockにカーソルを持っていけば、グラフィックが遅くなるような状況でした。ウインドウを閉じたり開いたりするだけでも、ワンテンポ待たされるような感じでした。とにかく一番大事な部分がまったく出来ていない状況でしたが、「OS X Yosemite10.10.3」で昔のMacに戻ったように思います。

ややカクつくときもありますが、最初のYosemiteとは比べ物にならないくらいスムーズになりました。あとは、写真をプレビューしたときに、もう少しスムーズに表示されるようになってくれれば、完璧じゃないでしょうか。

Safariも良くなった

Safariは見違えるように良くなったように思います。とにかく画像表示が速くなったように思います。画像が多いページを見ても、スムーズに画像が表示されています。Webページのスクロールも、Macらしいスムーズさ。この快適な感じがMacです。やっとMacらしいブラウザーになったと言えるでしょう。

今のところWi-Fi接続に問題は発生しておりません。Wi-Fiが切れることもなく、快適にカフェでネットをすることができています。

新しいMacBook登場の準備は整った

いよいよ明日発売になる新しいMacBook。Core Mというやや性能の劣るCPUを積んでいるため、性能面への不安が渦巻いています。OS X10.10.2までのYosemiteで、新しいMacBookが発売していたら、新しいMacBookの評価も落ちていたように思います。

明日発売される新しいMacBookに入っているYosemiteは、OS X10.10.2かもしれませんが、すぐにアップデートしてOS X10.10.3にすれば、ストレスのない、Macらしい端末という評価になるように思います。なんとか写真アプリも新しいMacBookに間に合いましたし、Appleが描く新しいノートパソコンの世界がどういうものなのか。しっかりと向き合ってみようと思います。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly