GWに使いたいデジタル機器

スポンサーリンク

いよいよGWです。いつからいつまでをGWと言ったらいいのか分かりませんが、もう長期休暇に入っている方もいることでしょう。GWに持っておくと便利なデジタル機器を紹介します。

2015 04 30 10 01 22

デジタルカメラ

スマートフォンのカメラが高機能化しているため、デジカメを持たなくなった方も増えていますが、高級なコンパクトデジタルカメラは、スマートフォンでは撮れない次元の写真を撮ることができます。

一番のお勧めは、このブログでも何度も紹介しているSONYのRX100シリーズです。現在3モデル発売されていますが、最新の「RX100M3」が高くなりすぎたため、購入するなら「RX100」「RX100M2」がお勧めです。「RX100」「RX100M2」の違いはほとんどありません。Wi-Fiでデータを転送することができるぐらいしか違いませんので、費用対効果を考えると、初代RX100を購入するのがいいでしょう。実際にRX100M2を使っていますが、なかなかWi-Fi接続されないこともあり、使っていてイライラすることも多々あります。Wi-Fi接続などせず、USB接続などで直にデータを読み込んだほうが速いように思います。RX100Mシリーズはニューモデルの登場も近いようですが、今までの流れから推測すると、さらに高価格化する可能性が高いです。初代RX100でも、驚くぐらい綺麗な写真を撮ることができます。価格も4万を切っていますし、最高のデジカメだと思います。

DSC04724※SONY RX100M2で撮影した写真

これから気温が高くなってくると、水遊びをする機会も増えてきます。このGWに川で遊ぶ方もいるかもしれません。そういったときに防水対応のデジタルカメラがあると重宝します。お子様の水遊びをしているシーンを、写真や動画で撮ることができます。

防水デジカメも様々な機種が発売されていますが、水深30mまで撮影できるNikonの「AW130」がお勧めです。本格的にスキューバダイビングをしなければ、30mまで潜ることはありませんが、今後スキューバダイビングをしたくなるもしれません。ハウジングなしで水深30mまで耐えることができる機種は、Nikon AW130しかありません。驚きの防水性能だけではなく、写真の画質もなかなかなのもの。光量がないところでの撮影は厳しいですが、光が十分あるところでは、かなりハイレベルな写真を撮ることができます。さらにGPSも搭載しており、今いる海の名前がカメラに表示されるという機能もあります。ただ海の名前が出るだけですが、ワクワクしてしまいます。この機能があるおけげで、世界中の海を潜りたくなるでしょう。

DSCN0131.JPG※Nikon AW130で撮影した写真

タブレット

スマートフォンが大型化してきたせいで、タブレットの必要性を感じなくなってきましたが、たまに使ってみると便利だと感じます。1台家に置いておけば、何かしら使うことはあるでしょうし、旅行に持っていくと大活躍してくれるでしょう。

スマートフォンが大型化してきていますので、タブレットも大きなサイズを選びたいところです。あまり大きいと邪魔になりますが、8インチぐらいのサイズなら、丁度良いのではないでしょうか。SONYのタブレットは、防水機能が付いているので、キャンプ使っても安心です。軽くて薄くて高性能。iPad以外のタブレットから選ぶとなると、Xperia Z3 Tablet Compactがお勧めです。

Kindle

昨日Kindle Voyageの不満を書きましたが、電池が1週間ぐらい持ちますので、GW中にバッテリー切れの心配のないKindleもお勧めです。最上位機種のKindle Voyageは、はっきり言って費用対効果が悪すぎます。一番安い無印のKindleがお勧めです。

7,000円で購入できるのなら、一台購入してもいいかなと思わせてくれます。画面の解像度がやや荒いぐらいで、最上位機種Kindle Voyageと変わらない読書体験をすることができます。

楽しいGWを

何処かに出かける方も家でゴロゴロしている方も、本日紹介したデジタル機器があれば、素敵なGWを過ごすことができるでしょう。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly