レビュー ETSUMI スマートフォンアダプターLL ETM-83926 スマホを三脚で使うときに必須

スポンサーリンク

Galaxy S6 edgeを購入してから、スマートフォンで写真を撮る頻度が増えました。その理由は、今までのスマートフォンでは考えられないレベルの写真を撮ることができるからです。撮れば撮るほど惚れ惚れとする写真が撮れるため、とにかく手当たり次第に写真を撮っているような状況です。

ここまで綺麗な写真が撮れてしまうと、もっと凝った写真を撮りたくなってきます。今までチャレンジしたことのなかった、長時間露光という撮影技法を試してみたいと思っています。長時間露光をするには、三脚が必要です。通常の撮影方法とは違い、シャッターボタンを押してから、しばらくの間はシャッターが切れずに、映像を撮り続けます。すぐにシャッターを切らないことで、夜間時の光などを綺麗に取り込むことができます。

よりハイレベルな写真を撮るために、スマートフォン用の三脚を購入しようと思ったのですが、すでにRX100M2用に購入した「Manfrotto ミニ三脚 PIXI ブラック MTPIXI-」という、コンパクトでしっかりした三脚を持っています。これを有効活用するために、スマートフォンをアダプターで挟むタイプのモノを購入することにしました。

スマートフォンを挟むタイプの商品もたくさんありますが、今回は「ETSUMI スマートフォンアダプターLL ETM-83926」という商品を購入することにしました。

20150519_090213

LLでいい

この「ETSUMI スマートフォンアダプター」ですが、サイズが3つあります。自分のスマートフォンの大きさに合わせて購入することになりますが、最近のスマートフォンは大型化してきています。さらにケースを付けた状態で使うことを考慮すると、一番大きいサイズを購入しておけば間違いないでしょう。

20150519_054513 20150519_054405

このようにGalaxy S6 edgeだけではなく、スマートフォンの中でも大きいGALAXY Note3でも問題なく装着することができました。

商品の仕様

こういった商品はシンプルな構造が一番ですが、「ETSUMI スマートフォンアダプター」はこれ以上ないぐらいにシンプルな作りになっています。

20150519_054303_001

サイドのボタンを押すと、最大まで開きます。

20150519_054317

あとは、自分のスマートフォンに合わせて、調整するだけです。かなり細かく調整できるので、どんなスマートフォンでもしっかりと固定することができるでしょう。

20150519_054221 20150519_054226

この商品の良いところ

内側にゴムが付いており、スマートフォンを挟んでも傷が付かないようになっています。また、このゴムのおかげで、スマートフォンを固定しやすくもなっています。この部分がゴムではなく樹脂だったら、スマートフォンを固定するのに手間取ることになっていたと思います。

20150519_054256

「ETSUMI スマートフォンアダプター」の一番良いところは、挟む部分の調整がしやすいということ。こまで簡単な作りになっていれば、鞄から出してもすぐに使うことができるでしょう。

裏ワザ

20150519_054522

「ETSUMI スマートフォンアダプター」には裏技的な使い方があります。基本的には三脚に付けて使う商品ですが、これ単体で使用しても、三脚のように使うことができます。ちょっとした台などの上に、この「「ETSUMI スマートフォンアダプター」を置けば、手ブレのない素晴らしい写真を撮ることができるでしょう。

この商品の悪いところ

不満らしい不満はありませんが、ややサイズが大きいという点でしょうか。折り畳んだりすることができないため、鞄に入れるのに手間取るかもしれません。しかし、この部分がコンパクトすぎると、がっちりとスマートフォンを固定することができないため、これぐらい大きくても仕方がないと思います。

鞄に入れておけば役に立つ

三脚などを常に鞄に入れておく人はほとんどいないでしょう。しかし、こういった物を鞄に入れておけば、いざという時に、クオリティーの高い写真を撮ることができません。使ってみると分かりますが、三脚で撮る写真は、手ブレをすることがありません。手ブレのないピントの合った写真は、後から写真を見たときに、きっと感動することができるでしょう。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly