久しぶりにX205TAを使ってみて感じたこと

スポンサーリンク

新しいMacBookを購入してから机の上に放置状態だった「 X205TA 」を、久しぶりに外に持ち出して使ってみました。新しいMacBookにかなり満足しているため、X205TAを使う必要がなくなってしまいました。無理して使う必要はないのかもしれませんが、新しいMacBookがある今だからこそ感じることがあるかもしれないと思い、久しぶりにX205TAを外に持ち出して使ってみました。

仕様の比較

まずは、X205TAと新しいMacBookの性能を比較してみましょう。

X205TA 新しいMacBook
重さ 980g 920g
画面解像度 1366×768 2304×1440
視野角 狭い 広い
サクサク感 なんとか許せる まずまずサクサク
キーボード キーが小さい キーストロークがない
トラックパッド 微妙 最高

X205TAや新しいMacBookを購入する方は、ノートパソコンを外に持ち出して使うことが多いはずです。純粋な性能を比較するのではなく、外に持ち出す上で重要な部分を比較してみました。

それでは、比較した部分について見ていきましょう。

重さ

重さはほぼ同じです。数値通りに、X205TAのほうがちょっと重いかなと感じます。薄さは圧倒的に新しいMacBookが薄いです。しかし、X205TAぐらい薄ければとくに問題はありません。

重さという点に関しては、どちらも互角でしょう。

画面解像度

これに関しては、圧倒的に新しいMacBookが上のように思ってしまいます。しかし、実際にはそこまで大きな差はありません。なぜかと言いますと、新しいMacBookはRetinaディスプレイになっており、実際の画面解像度は1,440×900になるからです。X205TAが1366×768という解像度ですから、実際にはは画面の広さに大きな差はありません。ただし2304×1440を活かした画面の描画になってますから、画面表示は抜群に綺麗です。久しぶりに見たX205TAのディスプレイは、画面の設定でも間違えているのかと思うほど汚く感じました。

画面解像度に関しては、新しいMacBookが上と言わざるをえないでしょう。

視野角

これも圧倒的に新しいMacBookが上です。新しいMacBookのディスプレイは発色がとても良くなっています。それに対して、X205TAのディスプレイは、全体的に白っぽいのは否めません。この部分は、ディスプレイの仕組みの違い上仕方がないところです。しかし、X205TAのディスプレイが見難いかというと、そこまで見難いという感じはありません。なんとか許容範囲といったところでしょう。

X205TAの視野角でも実用上は問題ありませんが、圧倒的に新しいMacBookのほうが上です。

サクサク感

最近のスマートフォンやパソコンで一番大事なのがサクサク感。使っていてストレスが堪らないように使えるかということです。これに関しては、仕様通りの結果といったところです。X205TAは、全体的にグラフィックパワーが足りないのを感じます。それに対して新しいMacBookは、普通に使う分にかなりサクサク動いてくれます。稀に固まったりするようなこともありますが、概ね軽快に動いてくれます。

サクサク感も新しいMacBookのほうが上です。ただし、X205TAでもイライラする一歩手前ぐらいのレベルで動いてくれます。

キーボード

キーボードに関しては、なかなか評価が難しいところです。新しいMacBookは今までにない構造のキーボードを使っているため、キーストロークがほとんどないキーボードです。慣れるまでは打ちにくいかもしれませんが、一度慣れてしまえばかなり打ちやすいキーボードになります。反対にX205TAは、安っぽいパソコンのキーボードといったところ。さらに、キー自体の大きさが少し小さいため、ミスタイプをしてしまうことが多いかもしれません。

慣れてしまえばX205TAでもまずまずのスピードで文字を打つことができますが、圧倒的に新しいMacBookの勝ちでしょう。

トラックパッド

トラックパッドに関しては、誰が使っても新しいMacBookの勝ちでしょう。ハード的にも、ソフトウェア的にも、この点に関してはMacには勝てません。X205TAも頑張っていはいますが、ブラウザーでスクロールしていても、ストレスが溜まってしまいます。

トラックパッドに関しては、文句なしで新しいMacBookの勝ちです。

結果

 

X205TA 新しいMacBook
重さ
画面解像度 ×
視野角 ×
サクサク感 ×
キーボード ×
トラックパッド ×

結果だけを見ると、新しいMacBookが圧勝です。しかし値段から考えると、X205TAも相当頑張っています。下手な10万ぐらいするノートパソコンを購入するぐらいなら、X205TAを買ったほうがいいと僕は思います。

また、新しいMacBookを持っている方も、X205TAを持っておくのもいいでしょう。値段も35,000円ぐらいですし、保険として持っておけば、新しいMacBookが壊れた時でも、代替パソコンとして活躍してくれることでしょう。

価格差5倍

X205TAと新しいMacBookの価格差は約5倍です。すべての面で不満がない新しいMacBookですが、価格差から考えると、X205TAのコストパフォーマンスの高さが光ります。新しいMacBookを使ってしまうと、X205TAの様々な粗さが気になってしまいますが、価格差を考えれば納得できます。

それなりに使える超軽量ノートパソコンが、約3万という価格で手に入るということを、もっと評価してもいいように思います。

同じレベルのCPUを搭載したSurface3が、X205TAの不満点をどこまで解決しているのか。Surface3を入手できましたらレビューしたいと思います。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly