便利さの裏には面倒なことが。おサイフケータイのデータ消去はキャリアショップまで

スポンサーリンク

おサイフケータイが便利ということもあり、最近はAndroidスマートフォンばかり購入していました。しかし、端末が増えれば増えるほど、不要な端末も出てきます。使わないスマートフォンを家に置いておいても仕方がないので、やはり売却することになります。売却も慣れたもんだと思っていたら、大きな間違いでした。

スマートフォンを売却するときは、端末の初期化をします。初期化をすることで、スマートフォンを購入したときの状態になります。こうすることで、データを消去する訳ですが、端末の初期化をしても消えないデータがありました。

端末をリセットしても、おサイフケータイのデータは消えないのです。

なぜ消えない

おサイフケータイのデータは、スマートフォンのメモリーとは別にある、FeliCaチップに書き込まれています。別の領域に書き込まれているおかげで、スマートフォンのバッテリーが切れても、おサイフケータイの機能だけ使うことができます。こういったやや特殊な仕組みになっているため、ただ端末を初期化しただけではおサイフケータイのデータを消すことができないのです。

おサイフケータイのデータ消去はキャリアショップまで

じゃあどうやっておサイフケータイのデータを消したらいいのでしょうか。消去の仕方は、契約しているキャリアショップまでスマートフォンを持って行きます。キャリアショップの窓口で、おサイフケータイのデータを消したいと言えば、おサイフケータイのデータを消去してくれます。このときに注意してほしいことがあります。契約しているSIMカードを、おサイフケータイのデータを消したいスマートフォンに挿してキャリアショップの窓口に伺うようにしましょう。契約している携帯電話番号が分からないと、手続きがスムーズに進みません。どうやら、おサイフケータイのデータは個人情報扱いになるようで、ただ端末を出しても消してくれません。そのスマートフォンを契約している人の契約情報が必要になります。スマートフォンを契約している本人と確認できないと、おサイフケータイのデータを消去してくれないので注意しましょう。

便利すぎることも問題あり

スマートフォンで支払いが出来てしまうおサイフケータイ機能。とても便利な機能ですが、便利が故にそれを解約するときの手続きが大変だということが分かりました。ただ端末を持っていけばいいと思い、SIMカードを挿さずに僕は端末をキャリアショップに持って行きました。窓口で電話番号が分からないとおサイフケータイのデータを消去できないと言われ、かなり往生しました。たくさんスマートフォンを契約しているため、この端末の電話番号が何か分からなかったからです。なんとか端末の製造番号から、僕が契約しているデータを引っ張り出してきて、無事におサイフケータイのデータを消去してもらうことができました。電話番号さえ分かっていれば5分ほどで終わる手続きが、30分ぐらいかかってしまいました。

スムーズに手続きを終わらせるためにも、消したいおサイフケータイデータが入っているスマートフォンの電話番号(契約した時のSIMカードの電話番号)をしっかりとメモしてからキャリアショップ(docomo、au、SoftBank)に行きましょう。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly