動画見放題サービスの影響で、今年の年末商戦はタブレットが熱い。

スポンサーリンク

Amazonが動画見放題サービスを開始するということで、騒然となっています。このニュースを聞いてピンときていない方もいるかもしれませんが、今年はこのサービスが始まったことが、この年末商戦に大きく影響してくるでしょう。

基本的に自社の製品でしか使えないAppleのサービスと違って(少しずつ他のデバイスでも使える方向に変化してきてはいます)、Amazonのサービスは、Amazonの端末じゃなくても使えます。iPhoneやiPad、Androidスマートフォンやタブレットでも使うことができます。さらにはWindowsパソコンやMacでも利用が可能です。動画見放題サービスが話題になることで、今年の年末商戦に売れる端末に影響を及ぼすような気がします。

画面が大きい端末が売れる

動画を見るには画面が大きいのに越したことはありません。なぜなら、少しでも画面が大きい方が迫力があるからです。これは実際に動画をスマートフォンとタブレットで見比べてみれば一目瞭然です。最近のスマートフォンが大型化してきたといっても、タブレットには敵いません。8インチのタブレットよりは、10インチのタブレットのほうが動画を見た時の満足度が高くなります。この法則からいくと、10インチよりは12インチのほうが良いわけで、噂されている12インチのiPadが発売されれば、思った以上に売れる可能性もあります。

すでに皆さんが使っているスマートフォンで不満はない方がほとんどだと思いますが、動画見放題サービスを使うようになることで、より大きい画面の端末が欲しくなる可能性があります。iPhone6でもかなり大きいスマートフォンのように見えますが、動画を見るとなると、iPhone6 Plusでも小さく感じてしまいます。最低でも8インチぐらいはないと、動画を見ている感じになりません。

スマートフォンとタブレットの2台も持ち歩きたくないという方は、iPhone6s Plus(時期iPhone6 Plus)を購入することになりますが、より本格的に動画を見たいという方は、8インチ以上のタブレットを購入するでしょう。

これから発売される新型タブレットが、思った以上に注目を浴びることになるかもしれません。

性能的には今あるタブレットでも十分

より性能の良い新型のタブレットを購入するよりも、動画見放題サービスを利用したいのなら、今あるタブレットでも十分な性能を有しています。すでにフルHDクラスの動画を再生するぐらいなら、全く問題のない性能があります。どのタブレットを購入しても、遅くて使えないということはないでしょう。

昨年の年末に発売されたタブレットですが、性能的には今でもトップクラス。今年はiPad Air2の後継モデルが出ないという噂。発売から1年経っても色褪せない性能です。登場間近のiOS9になると、iPad Air2の性能をフルに活かせるようになります。動画を見ながら他のアプリを使うことができるようになります。今こそ購入すべきタブレットです。


iPad Air2は大きすぎるという方は、8インチのiPad miniがオススメです。しかし、昨年のモデルチェンジで性能が上がらず、指紋認証システムだけ搭載されるという、理解不能なモデルチェンジでした。今年はiPad Air2相当の性能になるiPad mini4の登場が噂されています。iPad miniの購入を考えている方は、新型の登場を待ったほうがいいでしょう。

Androidのタブレットは、防水機能を搭載しているSONYのXperiaをオススメします。ただ、値段がかなり高いのがネックです。性能的には文句ないのですが、
8万近いお金を出すのなら、ノートパソコンを購入したほうがいいかもしれません。

8インチサイズのXperia Z3 Tablet Compactは、約5万という購入しやすい価格になっています。性能的にも申し分ありませんし、高性能なタブレットをお探しの方にオススメのタブレットです。

隠れたお買い得品といえば、Nexus9。Androidタブレットの中でもトップクラスの性能を誇っていますが、売れ行き不振のためか、かなり値下がりしています。4万でこの性能のタブレットが購入できるのなら、かなりお買い得でしょう。

動画を見るだけなら、AmazonのFireシリーズでも十分です。頻繁にセールが行われている下位モデルは、1万前後という価格で購入できます。液晶ディスプレイの解像度がフルHDではありませんが、よほど画質に拘りのある方以外は、動画を見ていても気にならないでしょう。動画見放題サービス用に購入しやすい1台です。

もう少し高性能なFireシリーズが欲しいという方は、Fire HDX 7がオススメ。液晶ディスプレイもフルHDになり、10時間以上使えるロングバッテリーのおかげで、1日どっぷりと動画を見ることができるでしょう。

AmazonのタブレットFireシリーズも、そろそろ新機種が登場してもおかしくない時期ですが、動画見放題サービスを使うには、すでに十分な性能を持っています。新型のタブレットを待たずに、現行機種を購入しても問題はないでしょう。

今年の年末商戦はタブレット

スマートフォンが大型化してきたため、存在価値を問われていたタブレット。動画見放題サービスが盛り上がってきたことで、再度脚光を浴びるでしょう。これから登場するであろう新型のタブレットを待つより、すでに登場しているタブレットをお値打ちに購入し、思う存分動画を楽しみましょう。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly