新OS El Capitan‎で瞑想タイピングが可能に

スポンサーリンク

画面を見ずに文字を打てる日がやってきます。Macの新しいOS El Capitan(エルキャピタン)にバージョンアップすれば、目を閉じても文字を打つことができるようになります。それってブラインドタッチで文字を打つのと違うの?という声が聞こえてきますが、ブラインドタッチで文字を打つのとは違います。El Capitanに搭載されているライブ変換という機能を使えば、目を閉じていても、適切な漢字でしっかりとした文章で文字を打つことができます。

従来の日本語入力で目を閉じながら文字を打つと、正確な漢字に変換をすることができませんでした。どんな漢字に変換されるのか、自分の目で確認する必要があります。もうすぐ登場するEl CapitanというOSは、漢字に変換するスペースバーを押さなくても、自動で漢字に変換してくれます。前後の文脈から適切な漢字に変換してくれるので、画面を見る必要がないのです。

MacBook-ElCapitan-Homescreen-PRINT

瞑想タイピングが可能

目で画面を確認する必要がないので、瞑想系の音楽を鳴らしながら、画面を見ずに文字を打つことができます。今までの日本語入力では不可能だった、瞑想タイピングが可能になります。心を落ち着かせて自分だけの世界で文字を打つと、肉体的にも精神的にも負担がかかりません。画面を見ておく必要がないので、顔を真上に向けて文字を打つことができます。画面に縛られない状態で文字を打てるので、首への負担が大幅に軽減されます。最近首が痛くて仕方がなかったので、本当に助けられました。

この文章は瞑想タイピングで文字を打っています。僕がミスタイピングしたところ以外は、ほぼ完璧に適切な漢字に変換してくれています。だーっと文字を打ってから誤字脱字を見直せば、文章の構成も見直すことができます。頭に浮かんできたことをタイピングしてから校正する「瞑想タイピング」。

image

ストレスが溜まりがちな文字を打つという行為を、El Capitanが変えてくれるでしょう。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly