少しだけサクサクになったsurface3

スポンサーリンク

久しぶりにSurface3を触ってみたら、少しだけサクサクになっていました。基本的にはほとんど変わっていませんが、テキストエディタで文字を打ったりブラウザーで調べ物をしていても、心持ち早く動作してくれます。テキストエディタが少しだけ早くなってくれたのは、個人的にはかなり嬉しいことでした。何をしてももっさりなSurface3が、少しサクサクと動くようになったけど、基本的にはもっさりなSurface3になりました。
image

アプリの立ち上がりが遅い

Surface3を使っていて一番ストレスが溜まるのは、アプリを立ち上げる時です。アプリのアイコンをクリックしてもアプリの反応がないため、もう一回アプリアイコンをダブルクリックしてしまい、2重にアプリが立ち上がってしまうということがあります。アプリの立ち上がりが遅いのは、Surface3のストレージ性能が低すぎるためでしょう。HDD並みの読み書き速度のeMMCというものを使っているため、SSDを搭載しているパソコンのようにサクサクとは動いてくれません。さらに困ったことに、他のeMMCを使っている機器より、Surface3の読み書き速度が遅いということ。もう少しだけ早かったら、ここまでイライラすることもなかったと思うのですが、、、

タイピング速度に文字が追いついてくるようになった

少しだけサックサクになったことに気付いたのは、テキストエディタで文字を打っていたときです。微妙なもっさり感が気持ち悪くて、Surface3で文字を打つのを避けていましたが、久しぶりに文字を打ってみたら、なんとか許容範囲かなというレベルで動くようになっていました。いつのバージョンアップでやや高速になったのかは分かりませんが、Surface3を最適化する努力はされているようです。

早くも値下がり傾向

発売されてから3か月しか経っていませんが、早くも値下がり傾向。さらに、このようなキャンペーンまで開かれるような状態。円高になってしまったせいで、割高になった値段がすべての原因でしょう。あれやこれや揃えると、Surface3の購入価格は10万オーバーしてしまいます。

同等の価格で購入出来る製品にMacBook Airがあります。OSが違うために単純に比較はできませんが、コストパフォーマンスを考えると、どうしてもMacBook Airの方を勧めてしまいます。ライトユーザーが購入するであろう10万以下の価格帯に、めぼしい製品がないことが、Windows一番の問題かもしれません。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly