iPad向けのiOS9になかなか対応しないアプリの状況にタブレットの盛り下がり感を感じます

スポンサーリンク

僕の中では迷うことなく購入したiPad mini4ですが、世間での関心はかなり低いというのを感じます。周りに持っている人がいないからというのではなく、アプリがiOS9の機能になかなか対応してこないからです。やっぱり世間の認識としてはiPhoneがあればそれでいいという感じなのでしょう。iPadにしか使えないピクチャ・イン・ピクチャという機能に対応するより、発売されたばかりのiPhone6s/6s Plusに使えない3Dタッチ機能に対応するアプリのほうが多いような状況です。

売れているほうに力が入るのは当然だとは思いますが、比較的簡単に対応できそうなピクチャ・イン・ピクチャぐらいは対応してほしいところです。

文章を書きながら小さいウインドウで動画を見たい

せっかく動画見放題のサービスが盛り上がっているのに、その特性を活かすようなアプリが出ていません。「NETFLIX」「Amzonプライムビデオ」「YouTube」世界を代表する動画サービスが対応していません。唯一ピクチャ・イン・ピクチャに対応しているのが「Hulu」です。動画サービスは競争が激しくなっていますが、月額定額制の動画サービスの先駆けとして、素早くピクチャ・イン・ピクチャに対応してくれたのは嬉しいところです。ただし、Huluは、吹替音声が充実していないので、ピクチャ・イン・ピクチャのサイズで見るには少々辛いかもしれません。日本語吹替も英語音声も日本語字幕も英語字幕も充実している、NETFLIXが早くピクチャ・イン・ピクチャに対応してほしいところです。

Huluで映画を見ながら文章をを書いてみた


このブログ記事は、Huluをピクチャ・イン・ピクチャで再生しながら書いています。文章を書くほうに集中してしまうので、ほとんど映像を見ていませんが、映画の音楽やセリフを流し聞きしながら文章をを書くのも悪くありません。せっかく定額で好きなだけ動画を見ることができるのですから、サービスを活かす機能には対応してほしいと思います。それともあまり動画を見られると困るので、あえて対応してないのでしょうか。

<iframe frameborder=”0″ allowtransparency=”true” height=”250″ width=”300″ marginheight=”0″ scrolling=”no” src=”http://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/htmlbanner?sid=3081669&pid=883760085″ marginwidth=”0″><script language=”javascript” src=”http://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/jsbanner?sid=3081669&pid=883760085″></script><noscript><a href=”http://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3081669&pid=883760085″ target=”_blank” ><img src=”http://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=3081669&pid=883760085″ height=”250″ width=”300″ border=”0″></a></noscript></iframe>

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly