Surface Pro4は124,800円からだが、キーボードを付けて税込みで15万オーバー。

スポンサーリンク

Surface Pro4が発表されました。予想はしていましたが、やや高い価格になっています。

Microsoftプレスリリース:タブレットとして、ラップトップとして、さらに進化した Surface Pro 4 を発売

下位モデルが124,800円ということで、なかなかお値打ちじゃないかと思うのですが、別売りのキーボード(タイプカバー)を購入する必要があります。Surface Pro4本体と、タイプカバー(キーボード)を購入すると、124,800円プラス16,400円で、141,200円になります。これは税別の価格ですから、税込みで152.496円になってしまいます。

どのモデルを購入するのが良いか

下位モデルを購入しても、結局は15万以上払う必要があります。ここまで高くなるのだったら、中途半端なモデルを購入して後悔するより、ハイスペックな仕様を購入した方が良いでしょう。

グレード メモリー ストレージ容量 価格(税別)
Core M3 4GB 128GB 124,800円
Core i5 4GB 128GB 139,800円
Core i5 8GB 256GB 179,800円
Core i7 8GB 256GB 214,800円
Core i7 16GB 256GB 239,800円
Core i7 16GB 512GB 289,800円

この表のラインナップになります。できることならメモリーは8GBは欲しいところです。後からメモリーを増設することもできませんので、ここでケチってしまうと取り返しのつかないことになります。メモリーを8GBにすると、179,800円のモデルになります。ストレージ容量も256GBありますので、このモデルを購入しておけば、間違い無いでしょう。

179,800円にタイプカバー16,400円を足すと、196,200円になります。おそらくペンも購入せざるをえないので、さらに7,800円上乗せになります。税別で204,000円になりました。

税込み220,320円出せば、最高のSurface Pro4体験ができるでしょう。今時ノートパソコンに20万オーバー出す人がどれだけいるか分かりませんが、中途半端な、モデルを購入して後悔するぐらいなら、思い切って高いモデルを購入しましょう。

ライバルの13インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデルよりやや高い価格ではありますが、本体重量が約500gも軽くなります。どちらが良いか判断が難しいところですが、パソコンを外に持ち出すことが多い方は、Surface Pro4を選択する価値はあるでしょう。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly