Magic Keyboardが予想以上に打ちやすかった

スポンサーリンク

先日発売が開始された新しいMac用周辺機器。3つありますが、一番注目なのが、「Magic Keyboard」です。キーボードは文字を入力するための道具ですが、物理的なボタンのため、物によって感触が違います。感触の良いキーボードなら、文字を打つのスピードが早くなります。押した感触が悪いと、文字を打つのが遅くなってしまいます。パソコンの周辺機器の中で、一番変える意味があるのが、キーボードです。

キーボード好きとしては「Magic Keyboard」をチェックしないわけにはいきません。店頭に行って打ち心地を確認してきました。

思った以上に良かった

新しいAppleのキーボードには、あまり期待していませんでした。今までのiMacについてくるキーボードの打ち心地があまり良くなかったからです。ポスポスト安っぽい音で打鍵感も悪く、打っていて気持ちよくありませんでした。その前のテンキーが付いていたキーボードは硬い打ち心地で良かったのですが、テンキーが亡くなってから最悪の打鍵感に変わりました。そして今回の新しい「Magic Keyboard」です。パッと見た目は、新しく発売されたMacBookそっくりなので、キーストロークの短いやや打ちづらい感じかと思っていたのですが、、、

想像以上に打ちやすい

これにはビックリしました。もっとキーを押した時の感触が硬いのかと思いきや、しっかりとキーが下に沈みます。それでいてキー自体の大きさが大きいので、非常に打ちやすくなっています。MacBookのキーボードも悪くはないのですが、本体があまりに薄いため、キーがほとんど沈みません。そのため、力を入れてキーを押しすぎると、うまく文字を打つリズムが取れません。リズムがうまく取れないため、結果的にミスタイプをしてしまいます。6ヶ月ほどMacBookを使い続けていますが、未だにしっくりきていないところがあります。

「Magic Keyboard」は、MacBookの問題点を改善し、軽くてコンパクトなキーボードながら、上々の押し心地を提供してくれています。この打鍵感なら、間違いなく買う意味のキーボードでしょう。

1万を出す価値はあります

おいそれと買えない価格ですが、値段以上の価値はあるキーボードです。特に古いiMacを使っている方は、このキーボードに買い換えた方がいいでしょう。きっといままで以上に文字の入力が快適になり、仕事を効率化することができるでしょう。


思い切ってiMacごと買い換えてもいいかもしれません。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly