ついにAndroid6.0「Now on Tap」機能が日本でも使えるようになりました。

スポンサーリンク

ついに本領発揮でしょう。Android6.0向け新機能け「Now on Tap」が日本でも使えるようになりました。最新OSのAndroid6.0へのバージョンアップは一ヶ月ほど前から始まりましたが、追加された新機能を使うことができないせいで、どこが変わったのかさっぱり分からない状況でした。とくにAndroid6.0の目玉機能「Now on Tap」を使うことができなかったので、急いでバージョンアップして損した気分になっていました。

待望の「Now on Tap」が日本でも使えるようになったことで、ますますAndroidスマートフォンが便利になるでしょう。

PC Watch記事:GoogleのAndroid 6.0向け「Now on Tap」、本日より国内サービス開始

Now on Tapってなに

Now on Tapという機能を説明します。画面に表示されている内容を理解し、それについて検索などの操作が簡単にできる機能です。気になった情報が画面に表示されたら、ホームボタンを長押しするだけです。たったそれだけの操作で、今見ていることについて調べてくれます。

image

写真のように、野球のニュースを見ていたとします。ニュースになっている選手について調べたいと思ったら、ホームボタンを長押しすれば、その選手を検索してくれます。そのままYouTubeで動画を見たり、Wikipediaでより詳しい情報を調べることもできます。

image image

今までですと、選手の名前をコピーして、検索ボックスに貼り付けて検索する必要がありました。スマートフォンの小さい画面で文字を選択し、貼り付けるのはストレスが溜まる作業です。しかし、これからはそんなストレスとはおさばらです。ホームボタンを長押しするだけで、Androidスマートフォンが調べてくれます。

iPhoneに対する大きなアドバンテージ

2015年11月現在、アメリカと日本だけでしかNow on Tapを使うことができません。アメリカに続いて2番目に使えるようになったところからも、Googleが日本市場を大事にしていることが分かります。日本市場の優先度が下がりつつあるAppleとは真逆の対応です。これからもGoogleには期待できそうです。

Now on Tap機能を使うには、Android6.0にする必要があります。多くのAndroidスマートフォンは、Android6.0にすることができない状況です。そのために、Now on Tapを使うことができる人は、非常に限られている状況です。一度使ってみると、手放せなくなる機能になることまちがいなし。Now on Tapという機能が、iPhoneに対する大きなアドバンテージとなるでしょう。

ほとんど在庫のないNEXUS5。2年前の機種ですが、性能的には何ら問題はありません。最新OSにもいち早くバージョンアップすることができて重宝しています。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly