パソコンに足りないのは、すぐに繋がること

スポンサーリンク

スタバでMacは東京だけなのか

3年ぐらいスターバックスに通っています。冷静に振り返ってみると、店内にいる人がしていることが、3年前とは変わってきたように思います。3年前といえば、iPhone5が発売され、パソコンはMacBook Airが売れているというような状況でした。

スターバックスでMacBook Airを使う人が増えてきたため、ドヤリングという言葉ができました。それ以来Apple製品が売れ続けている状況ですが、店内がMacだらけという状況ではないように思います。

PC Watch記事:「スタバでMac」は都内だけ?~アップルが東京圏でシェア2位の売れ行きに

こういった記事があるように、感度の高い地域はMac率が高いようです。

たしかに東京はMacが多い

頻繁に東京に行くわけではありませんが、東京のスターバックスでは、MacBookを使っている人が多いように感じます。Macを使っている人たちの格好を見ると、クリエイター系の格好をしている人がほとんどです。そういった仕事をしている人が、東京には多いのでしょう。

名古屋はWindowsが多い

名古屋もカフェでパソコンを使う人が、明らかに3年前より増えました。昔は店内に2人ぐらいしかパソコンを使っている人がいませんでしたが、今ではお客さんの3分の1がパソコンを使っていることもあります。しかし、Macを使っている人が多いかというと、そうでもない印象です。Macが4割、Windowsが6割といった割合でしょうか。

どういったWindowsパソコンを使っているのでしょうか。よく見かけるのは「Surface」「レッツノート」「ThinkPad」「ASUS」「DynaBook」です。

PC Watch記事:「スタバでMac」は都内だけ?~アップルが東京圏でシェア2位の売れ行きに

この記事のグラフを見ると、NECと富士通のパソコンで5割以上のシェアになっています。しかし、スターバックスでNECと富士通のノートパソコンを使っている人をほとんど見かけません。おそらく、NECと富士通のノートパソコンを購入している方は、オールインワンノートと呼ばれるものを購入しているのでしょう。持ち運ぶには辛い重さですが、必要なものが全部入っているノートパソコンです。本体重量が2kgをオーバーするため、電車で持ち運んでまで使う人はほどんどいません。そのために、NECと富士通のノートパソコンを使っている人を、殆どスターバックスで見かけないのでしょう。

外ではスマートフォン。パソコンは自宅で

Wi-Fiに繋ぐだけで一苦労という人はたくさんいます。思っている以上に、Wi-Fiなどのネットワーク設定は難しい部分があります。しかし、スマートフォンなら誰でもLTEの高速通信をすることができます。繋がるまでに時間のかかるWi-Fiを使うより、サクッと通信をすることができる、スマートフォンで済ましているのでしょう。スマートフォンは随分と高性能になり、ほとんどのことはパソコンじゃなくても処理することができます。

わざわざ重たいノートパソコンを持っていかなくても、ポケットに入るスマートフォンで十分なのです。どうしてもスマートフォンでできないことは、自宅に戻ってから取りかかれば問題ありません。自宅には無線LANルータで飛ばすWi-Fiか、有線LANケーブルで接続できる高速回線があるはずです。カフェなどの公衆無線LANと違って、何も悩むことなくインターネットを利用することができます。スターバックスのWi-Fiなどは、周りの状況に影響されやすくなっています。Wi-Fiを使っている人が多いと、回線が不安定になります。しかし、自宅のWi-Fiならサクサクと通信できます。

うまく通信できずにイライラするぐらいなら、カフェなどに重たいパソコンをもっていかず、スマートフォンで済ましたほうがイライラすることもないでしょう。

ネットワークに簡単に繋がることがノートパソコン復権の鍵

ほとんどのノートパソコンは、何かの電波と接続して通信をする必要があります。スマートフォンのようにSIMカードを挿せるモデルはほとんどありません。ネットワークに繋がるまで時間がかかりすぎます。スマートフォンのようにサッと使えるようになる必要があります。

Windowsパソコンでは、チラホラSIMカードを挿せるモデルが登場しています。スリープから解除したとき、Wi-Fiの接続が不安定なときもありますが、蓋を開けたら使えることができるのは便利です。Windows10もだいぶ安定してきて、まともに使えるようになりました。

レッツノートRZ4のSIMカードが挿せるモデルを購入しましたが、軽くてどこでも通信できるので、スマートフォンやタブレットに近い使用感があります。画面が裏返り、タブレットっぽく使えますし、場所を選ばずに使うことができるノートパソコンと言っていいでしょう。

あとは、AppleがMacBookにSIMカードを挿せるモデルを出せば、スマートフォンのように通信できることが当たり前の世の中になるかもしれません。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly