いい写真を撮れることは、新しいマナーです。

スポンサーリンク

部屋の大掃除の合間に、写真を整理しています。紙に印刷した写真ではなく、スマートフォンやデジカメで撮影した、デジタルデータの整理しています。僕の整理の仕方は、Google Photoに作成したアルバムに追加していくだけです。Google Photoで写真を一元管理しているため、どの端末からでも、アルバムに写真を追加することができます。

2015年というアルバムを作って、今年の思い出の写真をまとめています。Google Photoなら、スマートフォンだけで写真の整理ができるので助かります。これが一昔前ですと、パソコンでフォルダーを作って、そのフォルダーに写真をまとめていくという作業が必要でした。2015年の今は、クラウドサービスが発達したおかげで、自分のデータにアクセスすることで、場所を選ばずに写真の管理ができるようになりました。振り返ってみると、随分と楽になったなぁと思います。

技術が進化したおかげで、簡単に写真の管理ができるようになっただけではなく、他人が撮った写真を簡単にもらうことができるようになりました。LINE、Twitter、FacebookなどのSNSが普及したおかげで、簡単に写真を送りあうことができます。一昔前ですと、撮った写真のデータを渡すだけで苦労しましたが、今はSNSで写真をシェアするだけです。

9割はスマートフォンで撮った写真

たくさんの写真を見ながら気づいたことがあります。ほとんどの写真がスマートフォンで撮った写真なのです。撮った写真のシェアが簡単だからでしょう。デジカメで写真を撮っていたら、ここまでたくさんの写真を、人からはもらうことはないでしょう。

それらの写真たちは、綺麗に撮れている写真もあれば、いまいちピントが合っていない写真もあります。また、明らかにカメラの性能が悪いのか、鮮明さに欠けている写真もあります。人にあげるのなら、綺麗な写真をあげたいと思いませんか。楽しい時間をしっかりと記録するためにも、綺麗な写真を撮ってあげることが、この時代に必要なマナーじゃないでしょうか。

d68285d34798b8105a6f37145850d588_m

綺麗な写真が撮れるスマートフォン

撮り方の問題もありますが、一番大事なのは、カメラ性能が良いスマートフォンを使うことです。どれだけ腕がよくても、使っている機材が悪くては限界があります。パッと撮って、綺麗に撮すことができること。まずは、カメラ性能が良いスマートフォンを使いましょう。

最近発売されているスマートフォンは、どれも綺麗な写真が撮れます。その中でもオススメのスマートフォンを紹介します。

iPhone6s/iPhone6s Plus

やっぱりiPhoneは綺麗に撮れます。今では他社のスマートフォンが上にいっていますが、基本的なカメラ性能は総じて高い傾向です。iPhone4s以降のiPhoneなら、SONY製のレンズが使われています。誰が撮っても綺麗な写真が撮れるでしょう。

Galaxy S6 edge
後から発売されたiPhone6s以上のカメラ性能を持っています。今年の春に発売されましたが、未だにトップクラスのカメラ性能です。F値1.9のレンズを搭載しており、やや暗い所でも綺麗に写真を写してくれます。

Xperia Z5
レンズはいいのに、イマイチな写真だったXperiaも、最新のXperia Z5なら綺麗な写真が撮れます。防水機能は有り難い機能ですし、iPhoneよりも日常の使い勝手は良いでしょう。

Nexus6P
GoogleのNexus6Pもなかなかのカメラ性能です。最新のAndroid OSを搭載しているおかげで、RAWデータでの撮影にも対応しています。今までんのNexusシリーズにはない高級感も備えたNexus6P。iPhoneから乗り換えるのに最適な機種です。

Nexus5X
名機Nexus5の後継機種Nexus5X。同じNexus5という名称が付いていますが、一回り画面が大きくなり、少々手に持て余すサイズになりました。Nexus5もなかなかの画質でしたが、Nexus5Xはそれ以上の写真を撮ることができます。Nexus6Pと同じく、最新Android OSへの対応もバッチリなNexus5X。iPhoneから乗り換えるなら、Nexus6PかNexus5Xでしょう。

SH-01H

シャープのスマートフォンも、iPhoneに負けない写真を撮ることができます。液晶も高精細なものを搭載していますし、海外製のハイスペックスマートフォンにも負けないスマートフォンです。

素敵な写真を撮る技術も磨こう

レンズ性能の良いスマートフォンを手にしたら、あとは撮る技術だけです。撮影技術を磨くには、とにかく枚数を撮ることが大事です。普段から積極的に写真を撮るようにしましょう。

写真の本を読んで、撮影技術の勉強もしましょう。写真の本は、綺麗な写真ばかりです。きっと退屈することなく、撮影技術を習得することができるはずです。Kindle本がかなり安くなっています。紙の本で購入すると1,000円オーバーするような本も、タイミング次第では1,000円を切って購入することができます。画面が大きいスマートフォンなら、写真関係の本も読みやすいでしょう。Kindleアプリをインストールして、いつでも写真の撮り方を確認できる本を入れておくとよいでしょう。

人に喜ばれる写真を撮ろう

せっかく撮るのなら、人に喜ばれる写真を撮りましょう。基本的なカメラ性能が不足していては、越えられない壁があります。失礼のない写真が撮れるスマートフォンで、あなたしか撮れない写真を撮ってあげましょう。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly