レビュー「SHURE SE215 Special Edition」1万前後で購入できるイヤホンの鉄板。やっぱり良い音を聴かせてくれます。

スポンサーリンク

Bluetoothイヤホンが大好きと言っておきながら、線があるイヤホンを購入してしまいました。Bluetoothイヤホンに大きな不満はありませんが、やっぱり自分の大好きな曲を、本気で聞けるイヤホンが必要だと思い、線のあるイヤホンを購入することにしました。今やイヤホン市場は凄まじいことになっています。大手家電量販店の売り場に行くと、数えきれないほどのイヤホン、ヘッドフォンが展示してあります。そのどれもが視聴できるようになっており、ますますどれを購入したらいいのか分からなくなります。

今回購入するにあたって予め決めておいたことは、1万前後のイヤホンを購入することです。高いお金を出せば、いくらでも良い音を出すイヤホンがあります。そうなるとキリがないので、現実的なところで予算を組んでみました。

同梱物は

image

普通のパッケージにコンパクトにまとめられています。海外製の製品に多い、開けにくいパッケージじゃなくて一安心。イヤホン、取り外し可能なイヤーピースがいくつか入っています。イヤーピースは自分の耳に合わあせて取り替えましょう。

僕は別売りのイヤーピースを購入したため、同梱されているイヤーピースは使っていません。イヤピースといえばCOMPLY(コンプライ)。Lサイズのイヤーピースを購入し、より低音が伝わってくるようにカスタマイズしました。

外観は

image

「SHURE SE215 Special Edition」は水色のヘッド部分が印象的です。最近では珍しいクリアカラーになっているところもポイントが高い点です。ヘッド部分がおおきいヘッドホンとは違い、僅かなサイズのヘッド部分をどうデザインするかが勝負です。
image

「SHURE SE215 Special Edition」は、クリアカラーの水色にSHUREと書いてあるだけですが、十分可愛いデザインになっています。この独特の形状をしたヘッド部分が、抜群のフィット感をもたらしてくれます。長時間音楽を聞いていても、まったく疲れることなく聞き続けることができます。
image

image image image

音は

さすがSHUREといった音を聴かせてくれます。細やかにキッチリとすべての音を綺麗に鳴らしてくれます。きっと今まで使っていたイヤホンでは聞こえない音が聞こえてくるでしょう。高音も綺麗に鳴らしていますが、低音もしっかりと音がカチカチと分離して聞こえます。リズム感の良い曲を「SHURE SE215 Special Edition」で聞けば、ノリノリで踊りだしたくなるでしょう。若干音がこもりがちな感じですが、聞いているうちに、そこまで気にならなくなります。ややこもりがちな音が気になる人は、より高いイヤホンを購入しましょう。

インイヤータイプのイヤホンは、きっちりと耳に装着しないと、低音が弱くなります。しっかりと耳の奥に差し込みましょう。付属のイヤーピースで合わない方は、COMPLY(コンプライ)のイヤピースを購入して、自分の耳に合うように調整してください。

音楽だけではなく、映画にも「SHURE SE215 Special Edition」はオススメです。今まで以上に臨場感のある音で映画を観れば、より映画に没頭することができます。

評価

「SHURE SE215 Special Edition」の評価をしましょう。価格が1万3千ほどということを前提に評価します。

高音  :★★★★☆もう少し透明感がほしいかも。
低音  :★★★★☆思った以上に細かい音をきっちりと鳴らしています。
音の評価:★★★★★1万でこの音なら大満足。
見た目 :★★★☆☆水色のヘッド部分がおしゃれ。コードは至って普通のデザイン。
総合評価:★★★★★

1万前後でこの音なら、間違いなく買いでしょう。違和感なくきっちりと綺麗な音を聴かせてくれます。耳への装着感も抜群で、長時間つけていても違和感を感じません。また遮音性がとても高いため、カフェなどで「SHURE SE215 Special Edition」を使えば、周囲が気になることなく、自分の世界にひ入り込むことができるでしょう。購入イヤホンの入門編として鉄板と言ってもいいSHURE SE215ですが、少し低音が強調されている「SHURE SE215 Special Edition」は、水色の印象的なヘッド部分がキャッチーで可愛いデザインになっています。

見た目よし、音よしのイヤホン。1万円ぐらいでイヤホンをお探しの方にオススメです。きっとあなたの毎日をハッピーにしてくれるでしょう。

ブルーのSHURE SE215 Special Editionは、スペシャルエディションということで、値段が少し高くなっています。ベースモデルのSHURE SE215なら、2千円ほど安く購入できます。少しでも安く購入したい方は、ベースモデルのSHURE SE215でもよいかもしれません。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。 ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。 大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。 楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。
follow us in feedly