※本サイトは、アフィリエイト広告および広告による収益を得て運営しています。購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

MacBook AirとiPhoneが同時に充電ができて、薄くて小さいAC充電器があったでしょうか。

小型で薄いAC充電器
小型で薄いAC充電器

CIOから発売された、NovaPort SLIM 45Wです。65W版も発売されていますが、少しでも薄くて小さい充電器が欲しかったので、45W版を購入しました。

薄い!小さい!!

CIO NovaPort SLIM 45Wに同梱されているもの
CIO NovaPort SLIM 45Wに同梱されているもの

箱から開けた瞬間。小さい!と思いました。CIO NovaPort SLIM 45Wのような充電器はこれまでもありましたが、意外と横幅があって、使い勝手が良くありませんでした。

CIO NovaPort SLIM 45Wの横幅なら、コンセントが2つ横並びになっているカフェでも、隣のコンセントに干渉しないでしょう。Ankerの充電器は、小さいのですがサイコロ型ばかりで厚みがあります。CIO NovaPort SLIM 45Wなら、薄い鞄に入れてもポッコリしません。こういう薄型でハイパワーの充電器を待っていた方は多いのではないでしょうか。

MacBook AirとiPhone 14 Proを同時に充電

これまでMacBook Airを充電する時は、MacBook AirをAnkerの充電器で充電、MacBook Airの余っているUSB Type C 端子にLightning USB Type Cケーブルを差して充電していました。

2ポート同時に充電可能
2ポート同時に充電可能

今はこのように、AC充電器から充電しています。USB Type C端子が一つ他のことに使えますし、AC充電器からの充電のほうが充電スピードも早いでしょう。

注意点

注意点は、真上か真下にケーブルが伸びてしまいます。

コンセント周りの形状によっては使えないことも
コンセント周りの形状によっては使えないことも

写真のような状況だと、ケーブルが当たってしまって充電できません。断線覚悟で無理やりコードを曲げてしまうという方法もありますが、、、

危険な手は避けたいのが本音です。

回避方法

コンセント周りの構造によって、うまく充電ケーブルを挿すことができない場合は、L字型のケーブルを使うといいでしょう。

ただ端子部分下の付け根の作りが違うだけですが、使い勝手が抜群に向上します。

CIO NovaPort SLIM 45W は買い!

薄いというのが最大の特徴です。小さなAC充電器でも、意外と厚みがあります。

薄いのが特徴
薄いのが特徴

CIO NovaPort SLIM 45Wなら、鞄への収まりも良イノで、薄い鞄でも気にせず持っていくことができます。この薄さと小ささで、合計45Wのパワーで2つ同時に充電可能なAC充電器です。

M1 MacBook Airも余裕で充電

一つのポートだけ使用するときは、45Wのパワーが出ます。30W以上あればM1 MacBook Airを充電できますから、CIO NovaPort SLIM 45Wなら余裕で充電できます。薄いMacBook Airにぴったりな薄型AC充電器です。

これからAC充電器を買う方は、CIO NovaPort SLIM 45Wの購入を検討しましょう。

Follow me!

 

Twitter でおーの ゆーやをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です