【ambie AM-TW01 レビュー】耳をふさがないイヤホンの新しい毎日

ambie AM-TW01アイキャッチ イヤホン
イヤホン周辺機器

ここ数年、世の中を変えたものと言ったらこれ。

AirPods – Apple(日本)

コードがないイヤホンを当たり前にしたAirPods。今ではProとMaxまで登場し、街でつけている人を見ない日はありません。

コードがないイヤホンが登場したことで、音楽の聞き方、動画の視聴方法、コンテンツの楽しみ方を大きく変えました。コードに縛られることがないので、ずっと付けて過ごすことができますし、場所を選ばずに、コンテンツを楽しむことができます。

そんなAirPodsにも弱点はあります。ずっと耳の中に物体が入っている不快感。

イヤホンを付けて過ごしていると、耳の穴にイヤホンが入っている不快感があります。耳の中だけ、グッと圧がある感じ。本来なら解放されている耳の穴に、イヤホンが入っているのだから当然です。

ambie NEWモデル(AM-TW01)先行予約スタート! | 耳をふさがないイヤホンambie(アンビー)公式

そんな完全ワイヤレスイヤホンの不満を打ち破るイヤホンが登場しました。ambieの完全ワイヤレスイヤホン。有線イヤホンと、紐があるワイヤレスイヤホンのambieはありましたが、完全ワイヤレスのイヤホンは、ambieでは初めての登場になります。

ambie AM-TW01が届いてから毎日使っていますが、非常に満足しています。完全ワイヤレスイヤホンのあるせいかつを当たり前にする、ambie AM-TW01 をレビューします。

スポンサーリンク

ambie AM-TW01パッケージ

ambie AM-TW01パッケージ
ambie AM-TW01パッケージ

非常にシンプルなパッケージ。

ambie AM-TW01に入っているもの
ambie AM-TW01に入っているもの

耳の穴の中に入れるイヤホンではないので、イヤーピースは入っていません。充電用のケーブルは、USB Type C – USB Type A のケーブルです。ambie AM-TW01に差し込む方が、USB Type Cです。

ambie AM-TW01デザイン

ambie AM-TW01イヤホンと充電ケース
ambie AM-TW01イヤホンと充電ケース

これがイヤホンとは思えません。こんなに小さくて、瓢箪みたいな不思議な形をしたものがイヤホンだなんて。

ゴム性のものに覆われている
ゴム性のものに覆われている

質感も上々。ゴム製のカバーみたいなもので覆われており、皮膚に触れる部分に不快感はありません。

サイドにambieロゴ
サイドにambieロゴ

サイドのロゴも良い感じ。主張しすぎず、ambieというロゴが良いアクセントに。

やや安っぽさはありますが、とにかくコンパクトなケース

ケース表面の質感
ケース表面の質感

ケース表面の質感は写真のような感じ。

イヤホンをケースに入れたところ
イヤホンをケースに入れたところ

蓋の開け閉めに硬さは少しありますが、このコンパクトさはありがたい。ポケットに入れても、あまり気にならない厚みです。

USB Type C端子で充電します。ケース底面ではなく、ケースの裏面に充電端子があります。

15,000円という価格を考えると、デザイン、質感ともに、素晴らしい完成度。他にはない完全ワイヤレスイヤホンのデザイン。パッとみてambieとわかるデザインで、他のイヤホンにはないデザインになっています。

ambie AM-TW01装着感

ambie AM-TW01を装着した状態で正面から
ambie AM-TW01を装着した状態で正面から

一番気になるのは装着感。独特の形状すぎて、イヤホンの装着感が気になります。

つけるのに少しコツは要りますが、1日で慣れました。慣れてくると、サッとつけることができます。後ろの部分が、やや下に下がるような感じで付けるのがベストなようです。

しっかりと耳を挟んでいるので、耳から落ちることはありません。結構強めに耳を挟みますが、耳が痛い感じもありません。付けている感じがないので、ズーッと付けていると、耳につけているのを忘れてしまうほど。

完全ワイヤレスイヤホンで一番有名なAirPodsとは違う装着感。いや、装着感ではなく、何も付けていない装着感。耳の穴の中に入っている感じがないため、完全ワイヤレスイヤホンの些細な欠点である、耳の中にイヤホンが入っている不快感がありません。

耳の中にイヤホンが入っていないので、いつもと変わらない生活を送ることができます。音楽の聞き方を自由にした完全ワイヤレスイヤホン。それをさらに進化させたのがambie AM-TW01。いつもと何も変わらない日常のまま、いつも音楽のある日常を実現。

本当の自由を手に入れて、音楽が彩る毎日を過ごせるのが、ambie AM-TW01という完全ワイヤレスイヤホンです。

ambie AM-TW01音質

玉が小さい部分が前になります。
玉が小さい部分が前になります。

デザインよし、装着感よし。でも、一番大事なのは音質です。これはイヤホンですから、音が悪かったら話になりません。まず、形状的に音がしっかりと出るのかという疑問もあります。

内側の穴から音が出ていると思われます
前の小さい球のほうにスピーカーが入っている

ambieを装着し、iPhoneから音を出してみてビックリ。しっかりと音が耳に聞こえてきます。本当にこの瓢箪のようなイヤホンから音が出ているのだろうか。そう思ってしまうほど、しっかりとした音が耳に聞こえます。

Spotifyで大好きな歌を聴いても、良い感じのグルーブ感で、ご機嫌にしてくれます。AirPodsのような完全ワイヤレスイヤホンとは違い、耳の中にイヤホンは入っていません。しっかりと音楽を聴くといったリスニングスタイルではありませんが、日常生活に支障を与えることなく、街の喧騒の中に音楽が鳴リます。街の景色を楽しみながら、大好きな曲を聴く喜び。ambie AM-TW01でしか体験できない世界です。

PodcastやYouTubeでトークを聴きました。人間の声の周波数帯をしっかりと鳴らしているおかげで、トークの内容がしっかりと伝わります。状況によっては厳しい場面もありますが、街の中でもしっかりと喋っている人の内容を理解できます。

リアルな世界を閉ざす事なく、リアルな世界の上に音楽がある。これまでにない新しい音楽の聴き方を、ambie AM-TW01は提供してくれます。

ambie AM-TW01音量

耳を塞がないイヤホンなので、音が聞こえにくい時は当然あります。国道沿いを歩きながらambie AM-TW01で音楽を聴いていると、音量を最大にすれば聞こえるといった感じ。トラックなどがガーッと走っていると、ambieの音量を最大にしても、ちょっと聞き取りにくい時はあります。

思ったより大きな音が出ますし、しっかりと伝えるのに必要な周波数帯の音を鳴らしているので、意外と街中でもトーク番組が聞けます。

あまりにうるさい環境だと厳しいが、耳にあまるほど大きな騒音じゃなければ、普通に音楽やトークを聴くことができる。

サイズ、重量、音質、音量。とても緻密に計算して作られているのが、ambie AM-TW01です。

ambie AM-TW01バッテリーのもち

イヤホンだけの再生時間は、仕様では6時間程度。実際に音楽を再生しっぱなしにして、使ってみました。その結果、5時間50分ほどで音が鳴らなくなりました。

イヤホンを充電ケースに入れたところ
イヤホンを充電ケースに入れたところ

ケースを併用することで、24時間再生できます。イヤホン単体で6時間という再生時間は、イヤホンの大きさ、軽さから考えると、かなり頑張っています。現時点では、最高レベルのバッテリー持続時間を実現しています。

ambie AM-TW01使用感

装着感と被りますが、ambie AM-TW01の使用感についても説明します。

意外と大事なのが操作ボタン。完全ワイヤレスイヤホンに多いのが、タッチセンサー式のボタン。物理的なボタンじゃないので、ちょっとイヤホンに指が触れると、音楽の再生が止まったりします。

耳の後ろにボタンがくる
耳の後ろにボタンがくる

ambie AM-TW01は物理ボタンです。耳の後ろあたりにくる、ボタンをカチッと押すことで、再生が止まります。

センサー式のボタンじゃなくて、しっかりと物理ボタンを搭載する。ambie AM-TW01が、イヤホンとしての使い勝手がどうあるべきかを、しっかりと理解していることが伺えます。

操作感にも気を使っているambieですが、ずっと付けていても不快にならない装着感も素晴らしいところ。

ambie AM-TW01で音楽を聴いて過ごしていると、いつの間にかambie AM-TW01を装着していることを忘れます。そのまま自宅に帰ってきて、服を脱いで着替える段階になっても、ambie AM-TW01を耳に付けていることに気づきませんでした。ambie AM-TW01のケースを鞄から出したときに、「あっ、イヤホンを付けたままだった!」ということに初めて気づくほど。

それぐらい耳に付けている感じがありません。街中で音楽を聴いている時も同じです。イヤホンを付けている感じがないので、音楽を鳴らしたまま買い物をしたり、誰かと喋ったり。誰かと話すときは、若干音量を下げる必要はありますが、小さめの音量で歌を聴いているときは、特に再生を止めることなく、音楽が流れたまま話せます。

耳に装着していることを忘れてしまう装着感。耳とイヤホンが一つになった使用感。これこそウェアラブルの真の形でしょう。あとは、バッテリーの持続時間が、10時間ぐらい持ってくれれば、一日耳から外すことなく使えます。現時点の再生時間が6時間。ambie の次期モデルがいつか出る時は、10時間程度の再生時間になっているかもしれません。そうなった時に、ずっと耳から外さないイヤホンとして、全く新しい製品になっているでしょう。

ambie AM-TW01はマルチペアリング4台まで

4台までペアリングできる
4台までペアリングできる

仕様表を見て驚きました。マルチペアリング4台と書いてあります。

マルチペアリング:1台の子機に対し、複数の親機を登録する機能のこと。ambie1組に対して、4台までスマホやタブレットと接続するペアリングを設定しておくことができます。

スマホやタブレットやPCと、4台まで接続しておくことができます。AirPodsのように、自動で接続する機器が変わりませんが、ペアリングだけしておけば、簡単に音が出る端末を切り替えることができます。

iPhone、iPhone、iPad mini、MacBook Airと4台の機械とペアリングした状態で使ってみましたが、確かに4台とペアリングされた状態で、接続先を切り替えて使うことができました。

ambie AM-TW01は買い!

ambie AM-TW01はしっかりと音楽を聴くイヤホンではないので、ambie AM-TW01がメインイヤホンにはなりませんが、外で使うイヤホンとしては最適です。バッテリー持続時間、接続安定性、音質、音量。現状で実現可能な最大レベルで製品をまとめています。付けている感じのない、耳にイヤホンがない状態と変わらない状態で過ごせるイヤホン。全く新しいイヤホンが、ambie AM-TW01です。

何一つ変わらない日常に、音楽が彩る。

新しい音楽との付き合い方が、ambie AM-TW01で始まるでしょう。

ambie NEWモデル(AM-TW01) | 耳をふさがないイヤホンambie(アンビー)公式

ambie AM-TW01

音質★★★★☆ちゃんと音楽を聴ける音
再生時間★★★★☆丸一日音楽を聴ける
デザイン★★★★★イヤホンには見えない
使いやすさ★★★★★ボタン式で誤操作はない
総合評価★★★★★新しいリスニングスタイル
これまでにない新しいイヤホンの完成形

ついにAmazonで販売が開始されました。より多くの人が、ambieのある毎日を体験してほしいと思います。

 

Twitter でおーの ゆーやをフォローしよう!

コメント

  1. ポンタ より:

    > 内側の穴から音が出ていると思われます
    音は装着時に前になる方の外側から出ていますよ。

    • おーの ゆーや おーの ゆーや より:

      ご指摘ありがとうございます。
      穴というより、前の球全体で鳴っているような感じがします。
      とても不思議なイヤホンですね

  2. ビン より:

    > iPhone、iPhone、iPad mini、MacBook Airと4台の機械とペアリングした状態で使ってみましたが、確かに4台とペアリングされた状態で、接続先を切り替えて使うことができました。

    どのように切り替えました?やはり、接続中の端末のBTを一旦OFFにしてから、ですかね・・・?

タイトルとURLをコピーしました