イヤホン 周辺機器

ambie AM-TW01を使って3ヶ月。長期間レビュー

スポンサー

ambieの完全ワイヤレスイヤホン、ambie AM-TW01を使って三か月が経過しました。ほぼ毎日使っており、AirPods Proと並んで、無くてはならなイヤホンになりました。

レビュー記事を書いてから気づいたこともありますので、三か月使って感じたことを書きます。

ロゴが少し消えた

bの文字が消えかかっている
bの文字が消えかかっている

イヤホン本体側面に印字されてある、ambieというロゴが少し消えました。消えたから特に何かある訳ではありませんが、ちょっと気分が下がります。

ゴムが緩くなっている?

ゴムが少しズレる
ゴムが少しズレる

ambie AM-TW01は、ゴム製のカバーのようなもので包まれています。耳に装着したとき、位置を調整するときに、グリグリと動かすことになります。そのときの力で、ゴムが微妙に伸びるのでしょう。

指で治すことで、シワは無くなりますが、もっと緩んできた時が不安です。

このカバーのようなゴムだけ販売して欲しいところ。

ここからゴムを外せそうな気もするが、、、
ここからゴムを外せそうな気もするが、、、

よーくイヤホンを見てみると、この部分からイヤホン本体を取り出すような気がするのですが、この小さな穴だけで、ゴム製のカバーが脱着できるかは不明です。

そろそろゴムが劣化してきている人もいるでしょうから、メーカーからアナウンスが欲しいところです。

ファームウェアアップデートが1回あった

ファームウェアアップデートが来ており、指示通りに進めるだけで完了しました。15分程度で終わりました。

ambie AM-TW01をアップデート中
ambie AM-TW01をアップデート中

アップデートすると、イコライザー機能が使えるようになりました。

<アプリ>新機能追加のお知らせ

イコライザーを触ってみると、音の傾向が変わります。ambie AM-TW01は周囲の影響を受けるイヤホンです。イコライザーで、ベストな音環境にしましょう。

これが、メーカー公式サイトに掲載されているアップデート内容です。

気を付ける点

ambie AM-TW01の気を付ける点は3つ。

ケースにしまうとき

しっかり蓋を閉まるようにイヤホンを収納すること
しっかり蓋を閉まるようにイヤホンを収納すること

イヤホンを覆うゴム製のカバーのようなものがあるので、ここがズレることで、蓋がしまりにくくなります。しっかりとケースの蓋がしまらないと、ambie AM-TW01との接続が切れません。

イヤホンとの接続が切れていると思って、iPhone本体のスピーカーから音がでるかと思いきや、音が出なくて焦ったことがあります。

これからambie AM-TW01を使う方は、イヤホンをケースにしまうときに、カチンとしっかりと蓋がしまるか確認してください。カチンと音がせず蓋が閉まらないときは、ケースに収納できておらず、ambie AM-TW01との通信が切れていませんので注意してください。

装着位置

耳のどの辺りにヘッド部分を持ってくるか。装着位置で、音の響き方が変わります。人によってベストな位置が違います。

AM-TW01の装着位置で音が変わる
AM-TW01の装着位置で音が変わる

耳の穴の中にイヤホンを入れるのではなく、耳の外に音が出る部分がきます。どの角度にすると、大きな音で耳の穴の中に音が入ってくるのか。

思考錯誤してベストなポジションを見つけましょう。

最初に耳に装着する勇気

ambie AM-TW01を使う上で一番億劫になるのが、耳につけること。イヤホンだから当然ですが、普通のイヤホンと違って、装着するのに時間がかかります。耳の穴に入れるのではなく、耳の側面に挟む形になります。穴に突っ込むのではなく、耳を挟む形になります。やってみると分かりますが、意外と面倒です。

挟むのが面倒だから、AirPods Proを選択してしまうことがあります。使おうと思う前に、耳に付けてしまうことが大事です。耳に付けてしまえば、次は耳から外すのが面倒になります。

とにかく、すぐに耳に付けること

これがambie AM-TW01で一番大事なことかもしれません。

 

今買いたいガジェット

今買いたいガジェットをランキング形式で紹介します。

iPhone 13 Pro

AppleといったらiPhone。2021年9月に発売されたiPhone 13 Proが、現在一番お勧めのiPhoneです。

-イヤホン, 周辺機器
-, , , , , ,