【Anker Soundcore Spirit Dot 2レビュー】完全ワイヤレスイヤホン Bluetooth 5.0 USB Type-C充電でコスパ抜群(アンダー1万円)

Anker Soundcore Spirit Dot 2レビューアイキャッチ イヤホン
イヤホン

音楽なしには生きられない ゆーや です。最近お気に入りのイヤホンは、下記の記事で書いたAnkerさんの完全ワイヤレスイヤホン。

【Anker(アンカー)Soundcore Life P2レビュー】完全防水&高音質のワイヤレスイヤホン【Amazon4千円台】
紐付きのイヤホンが一番といっていましたが、紐がないイヤホンがやっぱり気になってしまい、「Anker Soundcore Life P2(アンカー サウンドコア ライフ ピーツー)」を購入。世の中がアップルやソニーやボーズのワイヤレ...

5,000円以下で買えるのに、AppleのAirPods並みの使いやすさ。少し前の完全ワイヤレスイヤホンは、音切れや、ペアリング作業に難ありといった製品でしたが、そういった欠点を全て克服しています。もはやAirPods並みのお金を出さなくても、それと同等のものが手に入ります。愛用しているAnkerさんから新しい完全ワイヤレスイヤホンが登場したので、さっそく購入しました。

スポンサーリンク

Anker Soundcore Spirit Dot 2のパッケージ

Anker Soundcore Spirit Dot 2のパッケージ表面

Anker Soundcore Spirit Dot 2のパッケージ表面

Anker Soundcore Spirit Dot 2に入っているもの

Anker Soundcore Spirit Dot 2に入っているもの

相変わらずAnkerのイヤホンには、たくさんのイヤーピースが入っている。

Anker Soundcore Spirit Dot 2のイヤーピース

Anker Soundcore Spirit Dot 2のイヤーピース

イヤーピースだけではなく、エアーウイングも3種類入っている。このエアーウイングが耳にあたることで、耳からずり落ちないようになっている。これだけ入っていれば、どんな耳の人でもフィットするだろう。

パッケージのまとめ方や、取扱説明書のシンプルさから、製品をまとめる力の高さを感じる。

実際に使った感想はこれから語っていく。

Anker Soundcore Spirit Dot 2の仕様

Bluetooth規格 5.0
Bluetooth通信距離 10m
対応コーデック AAC / SBC
防水規格 IPX7
再生時間(イヤホン本体のみ) 5.5時間
充電ケース込みの再生時間 16時間
充電時間 2時間
充電端子 USB Type-C
イヤホン重量 5.5g
ケース重量 55.5g
転送テクノロジー MCSync (左右同時伝送)
ドライバー ダイヤモンドコーティング
ドライバーサイズ 8mm

Anker Soundcore Spirit Dot 2の仕様は上記の通り。

aptxには非対応

Androidのスマートフォンの多くが、aptxという接続方式に対応している。音質が良い上に遅延も少ないaptx。この接続方式に対応していると有難いのだが、Anker Soundcore Spirit Dot 2はAACのみ対応。

iPhoneやiPadはaptxに対応しておらず、AACという接続方式に対応している。Androidスマートフォンの多くで使えるaptxに対応していないのはマイナス点だが、最近のandroidスマートフォンは、AACにも対応しているので、あまり大きな問題ではないだろう。

iPhoneを使っている方で、AirPodsまでの金額は出せないという方は、Anker Soundcore Spirit Dot 2は購入候補になってくる。androidスマートフォンを使っている方は、自分のスマホがAAC接続に対応しているか確認しよう。

Anker Soundcore Liberty Air 2はAAC接続

Galaxy Note 8 で接続

PS:Galaxy Note 8 は、AAC接続に対応しています。自分のスマホで確認しました。

充電方式はUSB Type-C

Anker Soundcore Spirit Dot 2の充電端子はUSB Type-C

Anker Soundcore Spirit Dot 2の充電端子はUSB Type-C

完全ワイヤレスイヤホンの完成度が上がっていく中、未だに充電端子がMicro USBのものがある。。コストとの兼ね合いかもしれないが、できるならUSB Type-Cであってほしいところ。Anker Soundcore Spirit Dot 2の充電方式はUSB Type-C。Anker Soundcore Life P2もUSB Type-Cだったが、Anker Soundcore Spirit Dot 2もしっかりとUSB Type-Cになっている。

端子が覆われているのは好き嫌いが分かれるところ

端子が覆われているのは好き嫌いが分かれるところ

端子を覆うゴムが付いているのは、好き嫌いが分かれるところ。水などの侵入を防いでくれるので、より安心な作りになっている。

ワイヤレス充電には対応していない

残念ながらワイヤレス充電には対応していないが、その分値段が安くなっている。どうしてもワイヤレス充電がいいという方は、Ankerの他のイヤホンを購入しよう。

USB Cで充電できればいいという方は、迷わずAnker Soundcore Spirit Dot 2を購入しよう。

バッテリーは単体で5.5時間

バッテリー持続時間は、5.5時間。単体で5時間も持てば、電池切れに関しての不安はない。使わないときはケースに入れておくことで、バッテリー切れの心配なく使える。

ケース込みで16時間

ケースを使うことで、あと2回(10時間)は聞くことができる。これだけもてば十分。ケースもわりとコンパクト。もう少し厚みがないとベターだが、イヤホンのサイズ的に仕方がないところ。

蓋が奥にスライドする

蓋が奥にスライドする

ケースの蓋はスライド式。高級感のある感触で、Ankerのイヤホンの質感が、またワンランク上がったのを感じる。

Anker Soundcore Spirit Dot 2の充電ケース

最初はどうやって入れるか戸惑うけど慣れる

IPX7の防水

IPX7相当の防水機能

IPX7相当の防水機能

怖くて実験できないが、IPX7相当の防水性能を持っている。ケースの充電端子部分に、ゴムパッキンが付いているが、ケースは防水ではないようだ。

Soundcoreのロゴがカッコよくなっ

Soundcoreのロゴがカッコよくなった

Soundcoreシリーズのアイコンと思われるマークが、シルバーの型抜きになっている。あまりカッコいいデザインではなかったが、少しかっこよくなった。

ケースの質感も上がった

ケースの質感も上がった

Anker Soundcore Life P2と比較すると、ワンランク上の質感に。

Anker Soundcore Spirit Dot 2の音質は

聞いた瞬間に、クリアな音質だと感じた。曇りのないキラキラした音質。Galaxy Note 8 とAnker Soundcore Liberty Air 2をぺイアリングして聞いているが、これまで聞いた完全ワイヤレスイヤホンでは№1の音質。しっかりとAACで接続されているので、十分に音質は良い。

Anker Soundcore Spirit Dot 2の音質はいい

Anker Soundcore Spirit Dot 2の音質はいい

透明度が高く、ちょっと綺麗すぎる気がするほど綺麗な音。低音もかなり出ているので、ダンス系の音楽も楽しめる。音圧があまりない邦楽でも、迫力のある音で楽しむことができる。低音と高音の音圧がかなりあり、曲によっては合わない可能性もあるが、大好きな曲を気持ちよく聞くことができる。

Anker Soundcore Spirit Dot 2でSpotifyの音楽を聴いてみた

最高!とくに洋楽を聞くと、キンキンでドンドンと気持ちの良い音になる。このイヤホンのサイズで、ここまでの低音が出ることにビックリ。1万以下の価格なのに、音が途切れることもなく、ここまでクリアな音が聞けてしまう。

20,000円のAirPods、8,000円のAnker Soundcore Spirit Dot 2。

2倍の価値がAirPodsにあるかと言われると、、、 iPhoneを使っている方も、Anker Soundcore Spirit Dot 2のほうが満足度は高い。

Anker Soundcore Spirit Dot 2でポッドキャストを聴いてみた

普通に良い音。ただ、音が良すぎて、少し声の雑音のようなものが気になる。呼吸音や言葉尻に発する音が突きささるような感じがある。もう少し音が曇った感じのほうが、人の声は聞きやすい。イコライザーで音質を調整できれば、かなり聞きやすくなるだろう。

Anker Soundcore Spirit Dot 2でYouTubeを見てみた

ユーチューバーの声も聴きやすく、トーク系との相性も悪くはない。ただ音質がクリアすぎて、若干細かい呼吸音や、口の中の音が高く響く。音声だけ聞くなら、Anker Soundcore Life P2のほうが聞きやすい。YouTubeやラジオ、ポッドキャストをメインに聞く方は、ほかのイヤホンも検討してみよう。

Anker Soundcore Spirit Dot 2の装着感は

かなり良い。軽いし、厚みもないので、イヤホンを耳に着けている感じもない。イヤーピースを変えることで、しっかりとフィットするので、耳から落ちるということはないだろう。

耳にフィットする

耳にフィットする

耳は大きいほうだが、最初からついていたイヤーピースとイヤーフック(Mサイズ)のまま使っている。とくに違和感なく、上質な音を聞かせてくれている。

コンパクトなAnker Soundcore Spirit DotAnker Soundcore Spirit Dot2

コンパクトなAnker Soundcore Spirit DotAnker Soundcore Spirit Dot2

Anker Soundcore Life P2はイヤホンが長いため、頬が動くとイヤホンがズレてしまうが、Anker Soundcore Spirit Dot 2ではそういったことはない。

Anker Soundcore Spirit Dot 2の装着イメージ(メーカー公式)

厚みもなく、快適な装着感。

イヤホンの厚みもスリムで、日常生活で引っかかることもない。

AirPodsのような形のイヤホンとは違い、限界までコンパクトなドットタイプのイヤホン。Anker Soundcore Spirit Dot 2はドットタイプの中でもトップクラスの快適さだ。

イヤホン側面をタッチして操作可能

イヤホンの側面をタッチすることで、再生をストップさせたり、曲送りができる。ボタン式ではなく、タッチセンサーになっているため、耳からイヤホンを取るときに触ってしまい、誤動作することも。耳の中が痒くなって、ちょっと外して指でかこうとすると、音楽の再生が止まって何度もイライラしてしまった。

押し込むのではなくタッチで反応

押し込むのではなくタッチで反応(左は押し込むタイプ)

今は慣れてきて、反応する場所を避けて外せるようになったので、使い始めに感じたストレスはなくなった。

音声アシスタントを起動するときの音が大きすぎる

うっかりイヤホンを触ってしまい、ピコン!とGoogleアシスタントの起動音が鳴って驚いた。意図せず音が鳴ったことよりも、音が大きすぎることに驚いた。音楽を聞いている音量よりも、遥かに大きい音で音声アシスタントの起動音が鳴る。設定で変更しようがないので、この恐怖とずっと付き合っていかないといけない。

かなり不快に感じるので、イヤホン本体を触って操作をするのは止めておこう。

Anker Soundcore Liberty Air 2は買い!

これだけの高音質で、小さくて軽い上に、バッテリーも持つ。もちろんUSB Cで充電。これを買わずして何を買うのか。Anker Soundcore Life P2も素晴らしい完全ワイヤレスイヤホンだったが、Anker Soundcore Liberty Air 2はさらに完成度の高い完全ワイヤレスイヤホンに。このブログを書いている最中、ずっとAnker Soundcore Liberty Air 2で音楽を聴いていたが、あまりに音が良いので、タイピングがとても捗った。

Anker Soundcore Spirit Dot 2 Anker Soundcore Life P2
音質
音楽
トーク
装着感
バッテリー持続時間(単体で) 5.5時間 7時間
価格 7,990円 4,999円

Ankerだけでも、たくさんの完全ワイヤレスイヤホンがあって、どれを買ったらいいのか迷ってしまう。自分が持っているAnkerの完全ワイヤレスイヤホンを比較すると上記の表の通り。値段差が倍ぐらいあるので、どちらを買うか迷うが、着け心地の良さと音質の良さで、Anker Soundcore Spirit Dot 2を選びたい。

 

Twitter でおーの ゆーやをフォローしよう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました