【SpinFit CP360 レビュー】Final E3000にピッタリ

スポンサーリンク
CP360アイキャッチ画像 イヤホン
イヤホン周辺機器

色んなイヤホンで音楽を聞く日々です。

いつも使っているイヤホンも、イヤピースを変えると、違った聞こえ方をするのが楽しくて、色んなイヤーピースを買ってしまいます。

先日SHUREのイヤホンのイヤーピースを、SpinFit CP800に替えた話をしました。

イヤーピース

イヤホンの耳に入る部分のこと。素材や大きさが違うことで、音の響き方が変わる。

SpinFitのイヤーピースが気に入ったので、他のイヤホン用にも買ってきました。

今度は、Final E3000用のイヤーピースです。SpinFit CP360という型番のイヤーピースを買ってきました。

スポンサーリンク

SpinFit CP360パッケージ

SpinFit CP360パッケージ表面
SpinFit CP360パッケージ表面

SpinFitらしいシンプルなパッケージ。

 SpinFit CP360パッケージ裏面
SpinFit CP360パッケージ裏面

パッケージ裏面には、イヤーピースの仕様説明。ちゃんとサイズに合ったものを購入しましょう。

同じサイズが2ペア入っているのではなく、XLとLの2サイズです。この点だけ気を付けてください。

SpinFit CP360デザイン

軸の青色がお洒落
軸の青色がお洒落

デザインはいつものSpinFit。軸部分の色がお洒落。 SpinFit CP360のXLサイズは青色です。微妙にXLより小さいLサイズは水色です。

Final純正イヤーピースとSpinFit CP360
Final純正イヤーピースとSpinFit CP360

Final純正イヤーピースが左、SpinFit CP360と比較。軸の径は同じですが、軸の奥行がSpinFit CP360より少し短くなっています。

SpinFit CP360仕様
SpinFit CP360仕様

イヤーピースのサイズは上記の通り。14mmto13mmの2サイズ入りという点だけ注意してください。

SpinFit CP360を使った感想

Final E3000にSpinFit CP360を装着
Final E3000にSpinFit CP360を装着

イヤーピースがクリア色なので、中の軸部分が透けてカッコいい。

Final純正イヤーピースとSpinFit CP360を付けて比較
Final純正イヤーピースとSpinFit CP360を付けて比較

Finalの純正イヤーピースをつけたものと、SpinFit CP360をつけたものを比較。軸の奥行が、SpinFit CP360のほうが短いので、少しだけ奥行が短くなっているのが分かります。この奥行の僅かな違いが、耳に装着したときの感じ、音の響き方を変えます。

より耳の奥に入ることで、周囲の雑音をシャットダウンし、Final E3000が鳴らす音を、しっかりと耳の中に響かせます。SHUREのイヤホンのように、耳にガチっと装着する感じではないので、耳に対する圧迫感はありません。

気軽に良い音を楽しみたい。

Final E3000の特徴です。そんな Final E3000の良さを、SpinFit CP360がより良くしてくれます。気軽に音楽を聞ける感じなのに、しっかりと高音から低音までをバランス良く鳴らす。変に誇張した感じはなく、まんべんなく音を耳に届けてくれます。

装着感も上々です。材質はシリコンですが、ベタっとした感じはなく、サラッとした装着感。着け心地が良くて音も良い。SpinFit社のイヤーピースの特徴です。

SpinFit CP360総評

SpinFit CP360をFinal E3000に装着
SpinFit CP360をFinal E3000に装着

Final E3000に同梱されているイヤーピースは、価格が安いイヤホンなので、あまり良いイヤーピースが使われていません。SpinFit CP360を装着することで、イヤホンの良さを、最大限に引き出します。

着け心地が良くて音も良い。

コスパ抜群なFinal E3000を、SpinFit CP360のイヤーピースに変えて、最強のイヤホンにしましょう!

音質★★★★☆バランスの良い音
装着感★★★★★サラッとした着け心地
デザイン★★★軸の色がおしゃれ
重量★★★★★軽い!
総評★★★★☆同じサイズが2つ入っていたら良かった

Final E3000のイヤホンはこちらから。

 

Twitter でおーの ゆーやをフォローしよう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました